あまつきつね  耳と髪貼り

あまつっ子は耳づくりの続きから。
耳の外側になる生地と内側になる生地とを貼り合わせる。
DSCF9695.jpg

耳の取り付け位置を決める。
DSCF9696.jpg

髪貼りの目安線を引く。
ついでに、各パーツの形をここで決める。
DSCF9697.jpg

型紙を作り、フェイクファーを切り出す。
DSCF9699.jpg

髪貼り前に、耳の内側に細かく切ったフェイクファーを貼っておく。
これをしておかないと、耳の中で地肌が丸見えになるので。
DSCF9700_20170606123843285.jpg

髪は、うしろ髪から貼る。
DSCF9701_20170606124008894.jpg

ドールヘアの場合は、全部髪貼りが終わってから耳をつけるけれど、今回は先につける。
後回しにすると、ファーが邪魔で接着しづらそうなので。
DSCF9702_20170606124235503.jpg

続けてサイドを貼って、
DSCF9703_20170606124845b0f.jpg

前髪も貼る。
DSCF9704.jpg

このあとは、生地同士の境目等、見た目がいまいちの個所を調整していく。

うさぎさん ヒレ終了

うさぎさんのヒレを作る。
色は白と赤とのことだったので、
当初は、白赤二枚重ねにしようと思っていたものの、
生地の都合等で、最終的には白生地に赤紐を合わせることに…

まずメイン部分を作る。
DSCF9691.jpg

DSCF9692.jpg

赤紐を加える。
DSCF9693.jpg

本体と合わせる。
このあと靴を作る予定だけれど、
靴は裳に隠れて見えなくなるので、見た目的にはこれが完成状態。
DSF9694.jpg

うさぎさん 帯終了


一方うさぎさんは帯を作って、
DSCF9685.jpg

巻いておく。
DSC9690.jpg

敢えてボリューム多め。
あとはヒレと靴を作れば完成かな。

カラスさん 一応終了

材料調達を済ませて、カラスっ子の作業再開。

下駄と頭襟にそれぞれ紐をつけて、
中途半端だった箇所を仕上げる。
DBYhMTKUMAA4xJ_.jpg

カラスっ子はこれにて仮終了。
DSCF9683.jpg

なんで仮かというと、
巻貝をゲットしたので、ヒマを見て法螺貝に仕立てようかと…

ちなみに、販売禁止令が出たので、
お家探しはせず、このままうちの子決定。

あ、飯縄さまは引き続きお家探し中です^^
DSC9420_2017052217450744f.jpg

カラスさん 頭襟塗装終了


ようやくアルテコが届いた。
本来の意味でのフィギュア作っているわけじゃないから、
そんなに頻繁に使うわけじゃないけれど、
それでも、これとエポパテを切らすと、ちょっと不安になる^^
DSCF9646.jpg

カラスっ子の頭襟、
肉眼で確認できる細かい傷がちょこちょこあったから、
全体にアルテコを塗りたくる。
DSCF9647.jpg

このブログ内でも何度か言いわけしているけれど、
アルテコは正式名称ではない。
一番最初にそう教わったから、そう呼んでいるだけで、
正式名称は、「瞬間接着パテ」。
粉末と液体とを混ぜて使う接着剤。


で、アルテコが乾いたら、
再度やすりをかけなおし、アクリル絵の具で塗装。
DSCF9649.jpg

ちょっとツヤがなさすぎるので、
布でこすってツヤ出し。
あとは紐をつけて、本体と合わせれば、頭襟終了。
DSCF9651.jpg


相変わらずの材料不足で、できることが限られているので、
先日顔描きした子の服を仮縫い。
ちょっと苦戦中…^^
DSCF9652.jpg

ちなみにこの子は、天狗の大元「あまつきつね」のイメージで進めることにした。
流れ星を犬のモノノケ(?)に見立てたのが、天の犬「天狗」の始まりだとか。
あまつきつねは犬のような獣の姿らしいけれど、
あえて、装束を着たきつねっ子で再現する^^
本来のあまつきつねとは全然違ってしまうわけだけど、好きにやらせて頂く。
DSCF9549.jpg
プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク