鯉さん   上着終了

お出掛けやお盆で手が止まっていた鯉さんを再開。

上着パーツ。
DSCF0504.jpg

襟をつけて。
DSCF0505.jpg

袖もつけて、脇も縫って・・・
DSCF0506.jpg

ちなみに、袖の角度が異様に下向きなのは、
着付けの都合で敢てです。

これで大まかな姿が見えてきた。
DSC0508.jpg

追加でぼかしと筋を入れて、鯉さん度アップということで・・・
DSCF0510.jpg

明日はまたお出かけなので、明後日には仕上がるかと・・・

あまつきつねご紹介

天狗の起源とも言われる「あまつきつね(天狗)」。
空の流れ星を獣に見立てて、そう呼ばれたとか・・・

その名のままに流星の化身のきつねっ子にしてみました。
天狗の起源ということで、衣装は山伏装束をアレンジ・・・
気ままに楽しく制作できました^^

正邪どちらの雰囲気も持つお天狗さまらしく、
掴みどころのない、ほんのちょっぴり強面で不敵な雰囲気を目指したものの、
制作開始当初は、どう見ても「かわいい」になってしまい、「まいったなぁ・・・^^」だったり。
DSCF0373.jpg

衣装の制作にはいると、
ようやく狙い通りの雰囲気と顔立ちになってきて・・・
フィギュアの顔は、物理的に変化するはずはないものの、
作業が進むにつれて変化していくことがある。
衣装その他と相まって、まったく違う雰囲気が生じるとでもいうか・・・
DSCF0375.jpg

人を化かすイタズラ狐に見えなくもないような^^
DSCF0380.jpg

うしろ側も一応装束として作りこんだものの、
髪の毛が長いので、さっぱり見えず・・・
ここはちょっぴり残念^^
DSCF0378.jpg

ちなみにシッポは、流星の尾をイメージしてずるっと長くしている。
流星というより彗星くらいの勢いかも。
足元は高足駄。
自立は可能なれど、ちょっぴり不安定(素材が軽いので^^)。
DSCF0379.jpg

お天狗さまは魔除けになるとも言う。
この子も、睨みきかせて邪払いしてくれたらいいなぁ、などと想像してみたり。
DSCF0374.jpg


~あまつきつね~
・高足駄込みで身長20㎝弱。
・頭部の向きと角度変えられます。
・腕も多少なら動かせますが、装束の都合で可動範囲は非常に狭いです。

~ただいまお家探し中~
・あまつきつね本体プラス送料で38000円です。
・お支払いはゆうちょ銀行・またはジャパンネットバンクからお願いします。
・発送はゆうパックを予定しています。
・ご希望の方は、コメント欄へメアドを添えて「あまつきつね希望」とご連絡ください。

鯉さん 二枚目の上着

ズボンと胸元・腰に帯をつける。
DSCF0387.jpg

続けて、二枚目の上着に着手。
生地を切り出して、柄描きの下準備をする。
DSCF0392.jpg

柄描き終了。
DSCF0393.jpg

で、縫い作業に入ろうとしたんだけれど・・・
思わぬ落とし穴にはまって、今パステルと格闘中^^
ちょっと時間かかりそう。

鯉さん ズボンと上着に着手

鯉さんの上着とズボンに着手。

まず生地に型紙を写して、
DSCF0381.jpg

切り出したら、アクリル絵の具でぼかしを入れる。
DSCF0382.jpg

絵の具を使った場合、生地が固くなって、
針で縫うと針穴が目立ってしまうので、今回はひたすら接着で処理。
ズボンをはかせたら、そこにヒレをつける。
わき腹から生えているヒレだけれど、
まともに脇腹につけると、上着の帯と干渉してグチャグチャになるので、
デザイン的処理ということでズボンに・・・
DSCF0384.jpg

そして上着を着せて様子見。
DSCF0386.jpg

まずまず順調かな^^

あまつきつね完成

無事に材料調達も済んで、
合い間に入った仕事もめどがついたので、あまつっ子再開。

結袈裟の梵天をフェルトで作る。
DSCF0368.jpg

ひたすらチクチクして、仕上がったら、結袈裟本体に接着。
DSCF0369.jpg

その後、頭襟を作って・・・
DSCF0370.jpg

頭部に固定。
あまつきつね完成。
DSCF0373.jpg
プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク