柄描きと三峰の彫刻

お参りブログの整理も済み、
飯縄さまの作業を再開。

といっても、相変らず柄描きなので、
見た目には何の変化も無しという…^^
DSCF5636.jpg

服っぽいもので身に着けているのが裳だけなので、
逆に、これさえ終わってしまえば、
あとはひたすら装飾作りとなるんだけど…
毎日一時間作業できたとしても、
まだ柄描きに3~4日かかりそうな予感^^


あまりに変化のない写真ばかり続くのもなんなので、
おまけ代わりに三峯神社手水舎の彫刻でも…

鮮やかな彫刻の多い三峯神社だけど、
この手水舎だけでも、一時間くらい見ていられそうな気がする。

まずは大迫力の竜ちゃん。
DSCF5544.jpg

DSCF5550.jpg


それからお獅子~!
さまざまなお獅子がぐるっと一周彫られていて、
見物中は、夢中になるあまり口半開きで、
ぼけ~と上を向いて手水舎の周りをうろつくという…^^
もはや立派に不審者状態。
いや、あれは、神獣好きに「夢中になるな」というのが無理!

今回はこの子しか撮らなかったんだけど、
いつかは全部撮りたい!
DSCF5549.jpg

いかついのばかりではなく、そこそこ癒し系な子たちも…
カメさんとか…
DSCF5546.jpg

DSCF5551.jpg

小鳥さんも~
DSCF5547.jpg


ツイッターお参りブログでも彫刻の写真を載せたけど、
小鳥さんは、載せたのはここが初めてかな。


以下余談

え~っと…
ちなみに、二年前のおいぬさま騒動の真相がようやくわかったので、
(といっても自分側の謎だけですが)
その謎解きの顛末もお参りブログでまとめました。
興味のある方はこちらからどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク