ヒヨコの謎

うしろの話。

しばらく前のこと、
小鳥の形の大きな雲を見た。
けっこうリアルな線画状で、
強いて言えば足の関節がちょっと変な方向へ曲がっていたけど、
そこさえ気にしなければ、誰が見ても「小鳥だ!」と思えるくらい、
しっかりはっきり小鳥だった。

その後、知人とおしゃべり中、
なぜかヒヨコの話で盛り上がったり。

それを皮切りに、覗きに行ったおよそのブログでも、
立て続けにヒヨコの話題を目にし、
電車に乗れば、目の前の女の子のカバンにヒヨコのマスコットが…

とにかく、あっちでもヒヨコこっちでもヒヨコ状態。
そこでふと、もしかしてあの小鳥の雲も、実はヒヨコだったんじゃぁ…という気が。

何らかのキーワードやモチーフを繰り返し見聞きする時は、
たぶん何か意味がある、と今までの経験上なんとなくわかるんだけど、
ヒヨコには何の心当たりもない。

となると、ヒヨコ自体がどうこうではなく、
例えば、どこかでヒヨコを見かけたら、
その付近に何か大事なヒントがあるから注意していろ、とかそういう意味か…


少し話がずれるけど、「諏訪」の二字以外にも頻繁に目にする文字があったり。
一時期に集中して来るものもあれば、コンスタントに来続けるものもある。

しばらく前は「三郎」さんがやたら目についた。
何のことやら?と思っていたけど、今ならわかる。
たぶん飯縄「三郎」天狗を指していたんだと思う。

挨拶に行ったのと前後して「鹿島」「香取」もよく見かけた。

それとは別に「明美」さんも去年の秋頃から、これでもかと来る。
意味が分からなくて真剣に頭を抱えてたんだけど、
思い余ってカードに「明美さんって一体…?」と聞いたら、お諏訪さまが出てきた。
建御名方神の「建御(たけみ)」の代わりということか…


そんなこんなでヒヨコも気になったんだけど、
ここしばらくバタバタしていて完全に忘れ去っていた。

見えないものに深入りは絶対にしたくないけど、
「何で?」「どうして?」と思うと、何かしら謎を解く手がかりはないかと、
ついその手のブログやサイトを覗いてしまう。

が、基本的にはやはりそういうのは好きじゃないわけで、
特にカタカナ語オンパレードの所は、謎解きのつもりで行っても、
怪しい・胡散臭いとしか思えず、内容を見る前に嫌になって回れ右ということが多い。

そんな中、カタカナ語がほとんどなく
(スピリチュアルとか何とかのパワーとか皆無じゃないけど)、
何となく感覚的に、ここは読んでみても大丈夫だ、と思えるところに行きついた。

この手のことは常に半信半疑。
良いことと悪いこと、事実と妄想の区別がつかないから、
良いことなのかな?と思うようなことがあっても、
何割かは、性質の悪いものに振り回されているのかも、といつでも疑っている。

疑い癖があるにもかかわらず、何で大丈夫と思ったのかはわからないけど、
おかげで、気になることのヒントもいくつか拾えたり。

そんなこんなで、ちょっとスッキリ気分で画面をスクロールして行ったところ、
最後にブログランキングのクリックお願いのバナーが出てきた。

そのバナーのイラストが…
お辞儀したヒヨコ…
ヒヨコ…?!

やたら見かけたヒヨコの意味は、
わからないことがあったら、ここをヒントにするといい、
ということだったのかなぁ、なんて思ったり。


ヒヨコの謎はこれで何となく解けたけど、
まだもう一つ謎が…
「手毬」。

ブログ村で手毬制作記事を見たと思ったら、
ツイッターでフォロワーさんが手毬完成、と…
(もちろんそれぞれ別のお方)
その直後、訪問者履歴に見慣れない方の履歴があるのに気付き、
どんな方だろう、と覗かせていただいたら、
手毬制作メインのブログで…

これもたぶん何か意味があるんだと思うけど、
今のところさっぱり。
謎の解ける日は来るんだろうか…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク