鹿島さま・香取さま

鹿島神宮・香取神宮へ挨拶に行ってきた。

ご眷属の鹿さんにご飯をあげたり、大きな鯉を眺めたり、
鹿島さまの石像を堪能して、要石もばっちりチェック。
楽しかった^^

鹿島さまの所へ行ってみたいな、と思うようになってから、
お諏訪さまのような感じで、「鹿島」の二字が目に飛び込んできたり、
テレビの部屋に入るなり、鹿島神宮の映像が流れているのに気づいたり、
そういうことがちらほらとあって、
後押しや追い風を頂いてるような気がしたり。

今月に入って、「そうだ五日に行こう」とお出かけ日時も決まったんだけど、
そのすぐ後、他の方の鹿島詣でのブログ記事を見ていて、
そのなかで「鹿島さまは怖い・厳しい」と言われているのが気になりだしてしまい…

「鹿島さまって怖いの?」から、
そんな神様を、理由や事情はともかく作ろうとするって何か問題あるんじゃぁ、
とどんどん不安になってきて…

人によっては怖いとか祟るとかいうお稲荷さんだって、
ごく一部を覗いて怖いと思ったことはないし、
伏見のお稲荷さんには、行くたびに何らかの形で遊んで頂いている。
一般的にどうかはともかく、その神様や神社が「好きだ」と思って行く分には、
大丈夫なんじゃないかなぁ…と思うものの、それでも落ち着かず…

すっかりテンションが下がってしまったんだけど、
落ち込んだ翌日と翌々日、二日続けてほぼ朝一で「鹿島」の二字に遭遇。
う~ん…不安が消えたわけじゃないけど、
そこまでして頂いては、いつまでもビクビクているのも失礼かと、
開き直って出かけてきた。

行ってみたら、怖いどころか終始楽しいことだらけで、
本当にご機嫌だった。

人に話したら「気のせいじゃない?」と言われそうなことだけど、
神社遊びに行って、お参り中に時々起る現象がある。
たいてい一瞬のことなんだけど、
鹿島さまの所では、柏手を打とうと手を合わせた瞬間から、
最後に一礼して挨拶を終えるまで、ずっとそれが続いて、
なんだか不思議な気分だったり。
鹿島さまにも遊んで頂いちゃったのかな。

おみくじを引かせて頂いたら、
戸隠のおみくじの補足とも取れる内容で…
そっちの意味だったかぁ…と。

要約すると、これからしようとしていることで
人から誤解されたりそしられることもあるけど、気にせず進め、と…

本当に批判されたりしたら、たぶん気にせずになんていられないと思うけど、
まぁ、やると決めた以上やって行くしかないかな。

もう一つアドバイス頂いたことがあるんだけど、
そっちは内緒^^
終始モヤモヤしていたことに関してなんだけど、
鹿島さまがそう言うんなら、もう一度考え直してみようかな、なんて…

とりあえず、怖くなくて良かったというか、
むしろ、前向きになるためのヒントを頂いてきた感じ。

香取さまのほうは、あんまり長居できなくてちょっと残念だったんだけど、
一度行ったことでペース配分も大雑把に理解できたので、
次回はもっとまったり遊んで来られると思う。

香取さまの参道のおみやげ屋さんでは、
九官鳥が「お団子美味しいよ!」と可愛い声で客引きしていたり^^
今回は「時間がないからちょっと…」とサヨナラしてきたけど、
次はお呼ばれしてみようかな。

楽しく遊んで地元に戻ったら、
そこで地震ナマズを押さえ込もうと頑張る鹿島さまに遭遇~!
ねぶたのポスターなんだけど、
お出掛けの締めくくりに、何とも素敵なものを見せて頂いてしまった^^

本当に行ってよかった!
また行けるといいな^^


余談

お諏訪さまにご縁頂いているのに、鹿島さま・香取さまの所へ行くことに、
ちょっと悩んだこともあるんだけど、
何となく、神社の神様=ストレートに神話の神様とは限らないような気がして、
あまりこだわらなくてもいいかなぁ、と思うようになってきた。

それでも、神話の印象というのは強いものだし、
普通に考えれば神社の神様=神話の神様なわけで…
一応、いつも持ち歩いている諏訪大社のお守りも、今日ははずして出かけた。
ヘタすると、鹿島さまにお諏訪さまを持ちこむなんて…と言われそうだし…と。

神社の神様が本当に神話の神様かどうか、よくわからない気がするけど、
自分も神話は普通に好きだし、作る際にも神話に登場する神様として作ると思う。
なんか矛盾している気もするけどね…
本音と建前のような何かがある感じ。
ま、あくまで自分個人の感覚でであって、実際の所は全然わからないけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク