飯縄さまに会ってきた 3

今回の戸隠行きでもおみくじを頂いてきた。

奥社で頂いて、すぐに内容を確認したんだけど、
ここしばらくの間に伏見のお稲荷さん・産土さま・琴平さまで引いた内容と近いものだった。
う~ん…近いけど、さらに踏み込んでたかなぁ。

ただ、二通りの意味に解釈できるんだけど、
どっちにとっていいのかが即座にはわからない感じ。
どっちにしろ大事なことに変わりはないんだけどね…

少し経ってから、いろいろ見えてくるのかもしれないと思い、
ま、時間かけて理解して行けばいいかな、と…

奥社の参道入口まで戻ったところで、
無性にアイスが食べたくなって熊笹ソフトを購入。

お店の方が気さくかつ元気な方で、
おみくじを手にしていたのを見て、声をかけてくれた。
「戸隠のおみくじは難解だから、時間かけて少しずつ理解していくといいよ」と。
自分でも「時間をかけて…」と思っていたところへ、
そっくり同じことを言われて、驚いたり面白かったり…
こんなこともあるんだなぁ、っと。


中社へ戻ってバスを待つ間、
辺りをふらふらしていたら、諏訪社を見つけた。
前に来た時は気づかなかったな。
いや、あの時気づいたら、それはそれで落ち込みの元だったかもしれないし、
むしろ気づかなくてよかったのかもしれないけど。

で、そこにも挨拶して、後はバス停でバス待ち。
やって来た長野駅行きのバスに乗り込み、やれやれと一息ついた瞬間、
対向車線を諏訪ナンバーの車が走り去っていった。
いつもながら狙ったような見事なタイミング…

ま、長野なら諏訪ナンバーが走っていてもおかしくないよな、と思いつつ、
その後、気になって対向車をちらちら見ていたけど、
みんな長野ナンバーか松本ナンバー。
諏訪ナンバーはそれ一台きりだった。

その実、お出かけ前にお諏訪さまでいろいろあって、
またあれこれ悩んでたんだけど、
なんか、もういいやな気分に…
薄々わかっていたことだし…と。
そんなこんなで、ちょっと複雑な思いもあったりなかったり…
別に悪いことじゃないんだけどね。

その後、長野駅について博物館へのバスが来るまで約30分。
バス停のベンチに座ってぼんやりしていたら、
カラス天狗の横顔っぽい雲が見えたり。

強いて言えば、うしろになびいた髪がカラス天狗というより、
天部系の髪が逆立った仏像っぽかったけど、
面白い雲が見られてちょっとご機嫌だった。

松代行きのバスに乗り込み、いざ飯縄さまの像の待つ博物館へ~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク