飯縄さまに会ってきた 2

戸隠行き、当初は博物館へ行って、それからお山へ行くつもりだった。
が、博物館へ行けば当然図録を購入するし、
それを持つなり背負うなりして、ハイキング程度とはいえ山を登るのは、
ちょっと体力的に厳しいのでは…ということで、
まずお山へ、それから博物館へ行くことに。

飯縄さま、戸隠では三か所にお祀りされているとのことだったけど、
結論から言うと、うち二箇所は結局見つけられなかった。

後になって、中社付近のお社に関しては所在が確認できたんだけど、
宝光社のほうは手掛かりゼロ。
強いて言えば、すぐわきに秋葉さまがお祀りされているようだったから、
あるいはそこのことなのか…
秋葉さまのご眷属もカラス天狗だし…

戸隠五社を宝光社・火之御子社・中社・奥社・九頭竜社の順でまわる。
宝光社から中社までは遊歩道っぽい神道(かんみち)を行く。

前回もそうだったけど、五社を徒歩でまわるのは少数派なのか、
それとも、単純に人の出が少ない時間帯だったのか、神道はほぼ独り占め状態。
鳥の声と風の音と、加えてカナカナが終始鳴いていて、
異空間に迷い込んだかというような不思議なのどかさ。
何しに来たのか忘れて、鼻歌が出るようなそんな感じ。

火之御子社を後に中社へ向かう途中、
ふと振り返ったら、お日様のまわりが虹色だった。
日暈だ。

神社遊びに行くと、こういうちょっと珍しい自然現象に遭遇することがよくある。
何だか歓迎してもらっているようで「良い時に来たなぁ」なんて思ったりするけど、
もしかすると、実際には、こういう素敵なタイミングに遭遇できるよう、
「何日に行くといいよ」なんて、うしろから虫の知らせ的なものを受け取って、
それで出かける日を決めてるんじゃぁ、なんて思ったりも。


中社でご挨拶して、その後奥社を目指す。
奥社までの道程もまた素敵なのだ。
両脇に杉の大木の並ぶ参道を行く。
左右に小川が流れていて、その音も気持ちがいいんだけど、
なんとそこで水芭蕉が見られた!
個人的には水芭蕉を見るのは人生で二度目。
しかも、一番最初に見た時は、もう枯れ果てた水芭蕉の残骸だったから、
実質、きれいに咲いているのをなまで見たのは初めて!
それだけでも来た甲斐があった気分。

途中、肝心要の飯縄さまにもご挨拶。
奥社まで行ってお参りを済ませて、おみくじを頂いて引き返すことに。

帰りにもまた飯縄さまの所へお暇の挨拶に行ったんだけど…
手を合わせた時(だったかな?)、突然ふっとお香のような香りがした。
お山の中でお香の香り?!と首をひねったんだけど、
辺りに香りの元になりそうなものも何もなく…
ちょっと不思議だった。

気のせいだったかな、とも思うけど、
飯縄さまに遊んでいただいたとでも思えば、
それはそれで楽しいかなぁ、とか…

帰りのバスまではかなり時間があるので、
奥社への参道入り口付近になるお店でアイスを食べることに…
そこでまたちょっと面白いことが…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク