日本の神様カード2

カードの読み解き、
解説にはいろんなことが書いてある。

そのすべてが必要なわけではなく、
その中から必要なキーワードを探して読むような感じ。

七枚引いたとしても、その内訳を見てみると
共通の意味を持つカードが二枚ずつくらいで組みになっていることが多い。
おかげで意味を理解しやすい。

と、そんな風に使っているんだけど、
時々面白いことが起こる。

行こうかなぁ、と思っている神社の御祭神が繰り返し出てきたり、
先日は、千葉で買ったお稲荷さんの資料を読みふけったあと、
脳内「お稲荷さん~」状態でカードを切っていたら、
お稲荷さんのカードがいの一番で飛び出してきたり。
また、用がないならないで、
出てくる八枚の中にお稲荷さんが入ってるといいのになぁ、
なんて思いながら切っていたら、
本当にお稲荷さん込みで出てくるようになったり…
いろいろ不思議なのだ。


うしろ側のことはわからないことが多い。
というより、全然わからないといっても過言じゃない。
およそのサイトやブログを覗いてみても、
みんな言っていることがバラバラで、何が本当かさっぱりわからない。
唯一わかるのは、この世の在り方は表面だけ見て思うより
はるかに複雑らしいという事だけ。

そういう世界が見えたり聞こえたりする人もいるようだけど、
自分は、そういうのは要らない。
ハッキリわかった方がスッキリしそうな気もするけど、
一方で、モノを作るには、そういうのはないほうがいいと思う。
たとえばの話、「こんこん様の本当の姿はこういうのです」なんてのが見えてしまったら、
そこにとらわれて自由に作ることができなくなりそう。

それに、元々そっち方面に興味があるとか
のめりこんでいるとか全然そんなじゃないしね。
怪しいとか胡散臭いとか今でも感じるし、
可能であれば距離を置きたいジャンルだし…

ただ、否応なく引き込まれてしまっていて、
今更逃げようもないというだけで…

これからどうなっていくのかもさっぱりわからない。
ま、悪いことばかりじゃないと思って行くしかないかな。

まとまりなくなっちゃったけど、
以上神様カードあれこれでした^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク