参加させて頂きました!

今日は、ほぼ日参のあら町諏訪神社の例大祭。

日頃半端でなくお世話になってるので、
お祭りの日にも挨拶できたらいいなぁ、と思ってはいたものの、
いくつか個人的な壁があって、行けるかどうか危ぶんでたり…
幸い、その辺の諸問題は意外とあっさり片付いてくれたんだけど、
もう一つ難題があった。

まず自分はあら町に住んでないので、
諏訪神社の氏子ではない。

大きな神社のお祭なら、いろんな人が出入りするから、
多少余所者がいても誰も気にしないだろうけど、
あの小さい境内では一発で部外者なのがばれる。
というわけで、行きたいけれど、表立って参加するわけにはいかなかったり。

で、ある程度のことが片付いて、
人がはけた頃を狙って挨拶だけしようと思っていたんだけど…
せめてお祭りの様子だけでも遠目にちょっと見てみたいなぁ、と
予定より少し早く家を出ることにした。

そろそろ出かけようというタイミングで、
近所の人がやって来て、身内に何やら訴えている。
何かと思ったら、うちのすぐ前の道路で雀が動かなくなっていると…
車に轢かれると可哀そうということで、身内が庭へ移してやったんだけど、
別に怪我をしているわけでも、何かに襲われておびえているという風でもなく、
ただ動かないという謎な状態。
さすがに気になって、しばらくその雀の様子を見てから出かける形となった。

あら町までは自転車で2~30分。
途中の公民館に自転車を止めて、後は歩いて行く。
諏訪神社の前についた時には、
車でやって来た宮司さんが上着(?)を着こんでいる真っ最中だった。

境内には、案の定あら町の袢纏を着た氏子さんが集まっていて、
平日のせいもあるだろうけど、一般の人は皆無。

通りすがりにちょっと立ち止まってみた風を装って、
邪魔にならない位置から立てられたのぼりを見ていたら、
着替えの済んだ宮司さんに
「よかったらお祓いを受けて行ってください」
と声をかけられてびっくりしたり。
続けて「玉串もあるから」と…

まさかそんな運びになるとは思ってもいなかったから、
びっくりなのと嬉しいのとで頭の中が「本当にいいの?!」でいっぱいになっちゃったり。

なるべく邪魔にならないよう端のほうにいたんだけど、
宮司さんの祝詞が終わったら、
本当に玉串を頂いてしまったり…

玉串の捧げ方は本で見たことがあるけれど、
実際にやることはそうそうないだろうと、しっかり覚えていなかったのがちょっと悔やまれる。
せっかくの機会なのに、かなり適当に捧げてしまった。

お祭りに参加させていただいて挨拶できただけでも嬉しかったのに、
「ちょっと待ってて」と袢纏の人に呼び止められて、
「お諏訪さまのお守りだから」と小さい袋を頂いた。
おまけにお祝の紙の巻かれた箱も…

好きな神社や好きな神様がいる人ならわかると思うけど、
そこのお守りを頂けるって、ものすごく嬉しくありがたいことなのだ。
しかも、基本無人の神社で、お守りもお札も頂けないような所であればなおのこと。
もう嬉しすぎて、自転車を止めた公民館までしっかり抱えて歩いてしまった。

こんな良いことがあっていいのかなぁ、と思いつつ家に戻り、
そういえばさっきの雀は?と庭を見てみたら、もういなかった。
熱中症かと思って、身内が小皿に水を張って側に置いておいてたんだけど、
お皿があるっきりで雀の姿はどこにもなく…
元気になって飛んで行ったんなら、それはそれでいいんだけどね。

もしかすると、あのタイミングで神社に辿り着けるよう、
雀に足止めされたのかなぁ…なんてふと思ったり。


ちなみに、お諏訪さまの所での頂き物。
01_2015042715132011e.jpg

お守り。
02_2015042715132652f.jpg

ちょっぴり色合いは派手だけど、勾玉なのも嬉しい。
山車のお諏訪さま、神話系の人形はたいていそうだと思うけど、
勾玉の首飾りを下げているのだ。
緑できれいな石で、常日頃「いいなぁ」「ほしいなぁ」と思ってたんだけど、
こんな形で本当に勾玉を頂くとは…


箱の中はおせんべい8枚と諏訪神社の説明書き。
03_201504271513356ab.jpg

04_20150427151342937.jpg


頂いたお守り、
本当は身に着けてたほうがいいんだろうけど、
おそらく二度と手に入らないだろうと思うと、傷んでしまうのももったいなかったり。
ということで、作業場に置かせて頂こうかと…

今日は本当にいい日だった。



余談だけど、
数日前から扁桃腺でのどが痛かったのに、
挨拶して、ふと気づいたら、完全に痛みが引いて治ってしまっていた。

以前にも諏訪大社の温泉で手を洗っただけで、
ガッサガサの手荒れが治ってしまったことがある。

お諏訪さま、医薬の神様じゃないはずだけど、
でもすごいのだ^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク