国立歴史民俗博物館

千葉の歴史民俗博物館へ行ってきた。

初めて行ったのははるか昔。
博物館がオープンした当初。
まだ展示もすべてそろっていなかった頃。

以来、ずっとまた行きたくて仕方がなかったけど、
ようやく行ってこられた^^

興味深かったものを一つ一つ挙げていくとキリがないのでやめておくけど、
全国のおみやげ品を集めた展示で、
石見神楽グッズが並んでいたのが、一番ご機嫌だったかな。
あくまで展示なので、その場で購入できるわけでもなく、
いいなぁ~と指をくわえて見ることしかできないんだけど…
いつかは現地へ行ってみよう、と新たな目標ができたり。

以前行った際、
小さな覗き窓から地獄絵図を見るというのがあったんだけど、
それを見ている途中で「帰るよ」と言われたのが心残りで、
今日行ったら絶対最後まで見るんだ!と意気込んでいたんだけど…
その展示自体がなかった…
人形の頭部がずらっと並んでいた迫力満点の展示も消滅していた…
時の流れって、何だか切ないなぁ…

そういうガッカリもあったけど、
長年眺め続けていた図録の写真そのままの展示ももちろんあったりして、
それに対しては、何だか昔馴染みにあったような不思議な親近感も味わったり^^

昔の図録はこれ。
01_20150424203927bb0.jpg


いろいろ思うとこあって、歴史よりは民俗に重きを置いてみるつもりだったんだけど、
初っ端から石器の作り方にくぎ付けで、
気づいたら縄文・弥生コーナーを後にするのに二時間もかかっていたという…

そんなこんなで、肝心の民俗コーナーへたどり着いたころにはもうへとへとで…
今回はざっと見ただけになってしまった。
ま、そうなるだろうことは予測済みで、元々数回に分けていくつもりだったから、
それはそれでよし…ということにしておく。

博物館ということで、本を買うのも楽しみにしていた。
本当を言うと、日本の昔の服の資料や
お神楽の写真集みたいなのがあるといいなぁ、と思っていたんだけど、
その手のものは見つけられず…

代わりにというわけじゃないんだけど、
いろいろ見ているうちに
「あ、飯綱さま~」「お諏訪さまも~」「お稲荷さんまで~」
というわけで、本日の収穫はこうなった。
02_20150424203936773.jpg

このあと危うく天神さまと鹿島さまにも手を出しかけたんだけど、
寸でのところで踏みとどまった。

これじゃ一体何しに行ったんだか…^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます!

国立歴史民俗博物館は面白かったようで何よりです。

私が行った時、地獄の覗きからくりみたいなのがありましたが、
展示物は入れ替えがあるのですね。

縄文土器の力強さに圧倒されて、
しばらくそこから動けなかったのを思い出しました。

城址も広く、猫がいてお堀に大きな鯉が泳いでいたり、
兵隊さんが飛び降りる訓練に使ったという、
空中で途切れた階段があったり、
何度も訪れたいところですね。



全てを堪能するには一日じゃ短すぎるところですよね^^
ほびっとさんのブログで紹介されていた、
お祭の様子の再現もすごかったです!!
藁製のタツがお神楽の大蛇に負けず劣らずの迫力で・・・

改めて博物館のサイトを覗いてみたら、
3月19日に民族コーナーをリニューアルしたとか・・・
もう少し早めに出かけていれば、また様子が違ったのかもですね^^

来月にまた行く予定なので、
今度は周辺も見てみたいです。
途中で途切れた階段・・・
そんな楽しそうな景色があるならぜひとも覗いて見ねば~
素敵情報ありがとうございます!!
プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク