制作の原点と基準

袖に装飾の帯をつける。
ちまちま接着

この後は上着の下につける装飾を作る。
ただいま型紙作り真っ最中。


人間用であれ人形用であれ、洋服を作る人から見たら、
自分のやり方は、作り方もデザインも支離滅裂に見えるんじゃないかな、と思う。

工作屋である前に布袋戯ファンだから、
「布袋戯なら、こんなのもありなんじゃないかな」という考え方で作っている。

布袋戯って、ありえない髪型とか、構造的に絶対着られない服とか、
そういうものがたくさんある。

早い話、現実味よりデザイン重視の世界。

始めのうちこそ「この髪型って…」とか首をひねったりもしたけど、
最終的には「カッコ良ければそれでよし」で落ち着いてしまった。

でも、布袋戯がなければ針と糸にチャレンジすることもなかったし、
自分にとっては制作の原点であり、すべてにおける基準でもあり、
大事で大好きなものなのだ。

まぁ、稲荷狐を作るのに服が布袋戯風というのは果たして…とか、
時々思わなくもないけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク