伏見稲荷でゴミ拾い

伏見稲荷へ行ってきた。
参道を歩きつつ、道々ゴミ拾い。
けっこういいろいろ落ちている。

オレンジの破片がパラパラと…
何かと思って拾ったら、鳥居の破片だったり、
瀬戸欠けがある、と手を出したら、割れたこんこん様だったり
(さすがにその場に置いてきた…^^)。

お菓子の包み紙もチラホラ。
軽いし小さいから、落としやすいし飛んでいきやすいんだろうなぁ。
煙草も多い。
しっかり火は消してはいるんだろうけど、
枯葉の中に落ちているのを見ると、ちょっと心配になる。


何か落ちていたら拾おう、とゴミ袋持参で行ったんだけど、
ゴミ拾いという行為はなかなか難しい。

無人の神社ならともかく、
視界から人の消えることのない伏見稲荷では、
立ち止まってかがんで何かを拾うという動きが、傍から奇異に見えそうで。

悪い事をしているわけではないにしても、
なんというか、例えば学校で、みんなが休み時間に盛り上げっている中、
一人だけ良い子ぶって教科書広げているような、
盛り上がっている側から見たら、
せっかくのお楽しみ中に水を差されたような気分になるだろうなぁ、とかそんな感じ。

境内で遊ばせて頂くお礼がわりと言えば聞こえはいいけど、
傍から見ればこれ見よがしな偽善だろうし。
いや、突き詰めれば正真正銘自己満足と偽善なんだけど…^^

狭い参道では、立ち止まること自体、他の人の邪魔になりかねない。
良い事をするついでに、誰かに対して悪事を働くことにもなりかねず…

さらに言うと、拾ったゴミを片手にお参りというのは、
神様から見てどうなんだろう…と。
見ようによっては、お社に穢れを持ちこんだとも見られそうで…

いろいろ悩みつつも、
ひとつ拾ってしまうとやめられなくなっちゃって、
結局、延々と拾い続けてしまった。
量的には微々たるものだけど。

どうせ拾うなら、
見た目的にも物理的にも他の人の邪魔にならないよう、
ちょっぴりスマートな拾い方を考えたいな。
スポンサーサイト

テーマ : 狐・妖狐・稲荷狐
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク