縫い作業に入る

柄描きの終わった生地を切り出す。
01_201409300609364aa.jpg

柄、実物はさらに複雑なんだけど、
自分の技量でそこまで再現するのは少々厳しく、
出来る範囲まで簡略化させていただいた。
手描きゆえの歪みやずれ・むら等もあって、今後の課題となった。

続けて縫い作業…と言いたいとこだけど、
実際には接着で処理する箇所が多い。

小スケールで縫い目が目立つのが嫌い、というのが一番の理由だけど、
今回の場合、それ以外にも縫わないほうがいい事情があったり。

柄描きで絵の具のついた箇所は、どうしても生地が固くなってしまうから、
針を通すと、思いっきり穴が開いたように見えてしまうのだ。
というわけで、見栄え重視のためにも接着の方が…と。

さすがに、後中心や襟・袖等は縫わないわけにいかないけどね。
裾や袖の先等は接着で処理。

接着で処理可能なところを処理した後、後中心を縫う。
03_201409300609423c5.jpg

襟付け。
04_20140930060947a8c.jpg

このあとは袖付けなんだけど、
今日はまず絵の具を買いに行かないといけない。
袴の柄に使える色が手持ちにないので…
でも、今日中には一枚目の上着が終わるかな。
スポンサーサイト
プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク