神様との関り方(?)

おおかみさんの制作は一週間ほどお休み予定。


あと一か月ちょっとすると、地元の夏祭り。
「地元の」といっても、団地住まいはほぼ部外者扱いになるので、
見物はできても参加はできない感じなんだけど、
それでも山車を見るのが楽しみ。

山車の数は全部で30ほど。
一回のお祭ですべての山車が出るわけではなく、
毎年交代で一部の山車が出る。

個人的目当ては、天神さま・弁慶・牛若丸。
素戔嗚尊も好きだけど、山車のは髪の毛ザンバラでどうもむさくるしくて…^^

去年は残念ながら牛若丸以外はお休みだった。
今年はどなたが出てくるのやら。

お諏訪さまも去年はお休みだったな。
山車庫のシャッターが開けられていたから、見るだけは見られたけど。

お諏訪さまは相変わらず。
めずらしく数日遭遇しないな、なんて思っていると、
その翌日には3回くらい出くわしたり。
(ちなみに今日は諏訪市と諏訪部さんに遭った)

なんか、いい加減慣れてきちゃって、
「謎な事態」という認識も薄れてきたり。

まぁ、謎には違いないんだけどね…
害はないし放っておけばいいかと…

ただ、ちょっと気になるのは諏訪信仰というのはいろいろ複雑な面を持っているらしい。
山車にもいるいわゆる「お諏訪さま」のほか、土着の信仰や、
詳しいことは知らないけれど、沖縄やアイヌとの関りもあるらしいとか…
自分が関わってしまっているのは、その内のどの辺なんだか…

単純にお諏訪さま、建御名方神ならいいんだけど…

カエルの串刺しや動物の生首をお供えするのは、
土着の信仰に基づくものとどこかで聞いた気がする。
できれば、そういう物騒な神様とは、ちょこっと距離を置きたかったり…

もっとも、距離を置きたいと願って置かせてくれるようなら、
こんな何か月も謎な事態が続くわけもなし…
もう好きにしてくださいというか勝手にしてくださいというか、
あきらめの境地で受け入れてしまっている。

こういうことは、考え込みすぎない方がいい。
害がない限りは放っておくとでもいうか。

いつかは謎が解ける日も来るのかなぁ…
スポンサーサイト
プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク