ご眷属制作準備

七日に三峰山へあいさつに行って、その後制作に入る。
ということで、前準備を…
ま、作業場の掃除だけどね。

通常出しっぱなしの贔屓キャラのフィギュアも、今回はしまって…
出しておくと、つい眺めちゃうので…
他のおもちゃもみんな片づけて、ちょっとスッキリさせた。

で、スタンド回りはこんな感じで。

01_2014050320510405d.jpg

手前中央の水晶は特に意味は無し。
絵馬はずっと前に三峰山で入手したもの。
絵馬の上に下がっているのは、暮れに挨拶に行った際いただいたお守りとトンボ玉。

右下にある骨は…
ご依頼と前後してのおいぬさま騒動、自分の中でそれを決定づけたのがこの骨だった。

ご依頼人さんから最初にいただいたイメージイラストには、骨の装飾があった。
骨…
スケールの合う市販品があるとは到底思えず、再現するには自作・・・
が、自分の技量ではちょっとキツイ。
さてどうしようかとメールの返信中、なぜかいきなり思い立ってツイッターを覗きに行った。
で、そこに表示されていたおすすめユーザーをクリックしたところ、
十二支の頭蓋骨をモチーフにしたガチャがあるという情報が出てきた。

メール返信中になぜツイッターを覗きに行ったのかも謎だけど、
そこでどんぴしゃな情報に出会うというのもまた不思議で、
何やら普通じゃないな、と感じ始めたのがこの時。

十二支なら戌がある。
それを装飾として使えるかもしれない。
仮にスケールが合わなくても、自作する際のモデルに使える。

ということで、これをなんとか調達しようと話がまとまったんだけど、
相手は回してみるまで何が出てくるかわからないガチャ…
余計な出費を抑えるため、コレクターがダブったものを売りに出すのを待って、
より確実に入手しようと考えていたんだけど…

たまたまそのガチャを発見したご依頼人さんがチャレンジしたところ、
なんと一発で戌の骨を引き当ててしまったと…
戌が出る確率は、たしか7分の1だったような。
もちろん、絶対にありえないことというわけじゃないかもしれないけど、
情報の入り方からして普通ではなかったわけで…
聞いた時には腰が抜けた。

それまでにも細かいいろいろはあって「?」と感じてはいたけど、
この骨の一件で、どうもただの偶然じゃないな、と結論づけるに至った。

その後のやり取りで、デザインから骨は無しということになったけど、
資料兼作業場のお守りということで、骨は自分があずかることになった。

フィギュアに直接使うことはなくなったけど、
おいぬさまからのプレゼントと思って大事にしている。

ちなみに、あとになって、
おいぬさま信仰の一つの形として、おおかみの頭蓋骨をまつる場合があると知った。
自分も骨をデザインしたご依頼人さんも、
その時点では、そんなことはまるで知らなかったんだけど…
無意識でおいぬさまと関係の深いものを取り入れていたことになるのかな。

いろんなことがあるのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク