伏見稲荷

三度目の伏見稲荷へ行ってきた。

行く前日、食べ物絡みで非常に不愉快なトラブルが連発。
食べ物の神様のところへ行くのに、これって一体…

お稲荷さんに「来るな」と言われてるのかな、と一瞬思ったものの、
なんとなく、産土詣での道中のような不快さを覚え、
どちらかというと、他の何かに邪魔されてるのかな、という気もしたり。
というわけで、逆に意地でも出かけてやろうじゃないか、と開き直ったり。

早朝に家を出て、10時半ごろに伏見稲荷に到着。
本当はもうほんの少し早く着くはずだったんだけど、
途中で異常な空腹に見舞われ、やむを得ず乗るはずの電車を見送っておやつタイム。
ま、結果的にはそのおかげで良い事があったんだけど…^^

前回、鳥肌と涙に見舞われた鳥居前では、今回は何事もなく…


そういえば、と思い出したけど、
あの鳥肌の立った瞬間、
「お稲荷さんはお稲荷さんなんだ」と妙にすんなり納得したんだったっけ…

正直な話、それまでは、
心のどこかで、お稲荷さんが狐の親玉だったらいいのになぁ、なんて思ってたのだ。
きつねが神様と思うほうが、きつね好きにとってはご機嫌だし、と。

それが、何であっさり「きつねさんはあくまで御使い」と割り切ることができて、
なおかつ、きつねじゃないと納得してもなおお稲荷さんが好きだと思えるようになったのか、
今でも不思議だけど、そのきっかけがあの鳥肌だった。


今回は、とりあえず普通に拝殿に到着。
お参りしたら良い風が吹いた。

最近はお参りの時によく風が吹く。
ただの偶然かもしれないけど、本当に見計らったように吹くのだ。

お参りが終わってさてという瞬間、
拝殿の隣で、巫女さんのお神楽が始まった。
あまりのタイミングの良さに、嬉しくなったり^^

もし、おやつタイムせずに予定通りに到着していたら、
自分はとっくに山に入っていたはず。
意味のある足止めだったのかな、なんて思ったり。


奥社へ向かう途中、妙なことに気づく。
左後頭部がしびれている。
頭痛?肩こり?と思うものの、ついさっきまで何も感じていなかったし、
しびれているだけで、痛みやこれといった不快感もなく…
その後、奥社と眼力社で一番しびれが強くなった。
あとは強くなったり弱くなったり感じなくなったり…
(一晩たった今はまるっきり何事もないけど)
何だったのやら…

ぐるっとお山して、戻って、
お暇前にもう一度奥社であいさつ。

「楽しく遊べました」とお礼を言う途中、一瞬日が陰った。
お参り中に光が射すことはあったけど、陰ったのは初めてで、
もしかして、何か粗相してお稲荷さんを怒らせちゃったんだろうか、と思ったけど、
次の瞬間、いつもと同じ感じで強烈な光が射してきた。
よかった^^


伏見稲荷のような大きな神社、
しかもまだ三回しか行っていない神社で、
いつもよく行く神社と同じように歓迎(?)してもらえたのが不思議で、
でも嬉しくて楽しかった。


強いて言うなら、食べ物系トラブルと頭のしびれが気になるけど…
ま、それ以外はご機嫌だったからいいかな。

伏見稲荷、次に行けるのはいつの日か。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク