ご眷属を作るということ

おいぬさま騒動について、ある方からアドバイスいただいた。

今現在、ご眷属(おいぬさま)の存在とつながっていて、
フィギュアを作ることを歓迎され、応援してもらっている状態なのだそうだ。

といっても、良い面ばかりではなく、少々問題もあったりするんだけど…


目に見えない世界の話をどこまで信じるか、
まぁ80%くらいなら…と先日は思ったものの、
改めて考えてみると、やはりわけがわからないというか…

作ることを当のご眷属に応援してもらえるのはともかく、
万が一、作ったものがご眷属として機能してしまうようなことになってしまったとしたら、
それはちょっと問題になる。

自分はただの工作屋。
そんなことがあるわけはない。
あるわけはないけど、あったら危険すぎる。

例えばの話、
こんこん様が、世間一般に言われるような、
「大事にしないと祟る」なんて性質を持っていたとしたら、
そんな物騒なもの、人手に渡すわけにはいかなくなる。

「お守り代わりになるものが作れたら」と考えたことがないわけじゃないけど、
それはあくまで「できるわけがない」と割り切っていたからのこと。

「できるわけがない」というより、
実際には「できちゃいけない」ものなのかもしれない。

そんなことがあるわけはないと思うけど、
それでも、万が一本当にご眷属になってしまったとしたら、
はたして、それを受け入れてくれる人がいるのかどうか…


ま、たぶんありえないと思うけどね。
今は神社に入ることもできなくなっちゃってるし…
いろいろ意識しすぎて疲れちゃったのだ。
ご眷属は作りたいけど、元の神社好きに戻れるかどうかも今はあやしい。
なんでもへたに踏み込み過ぎるとよくないのかもな。

が、神社に疲れた挙句、現実逃避先がカラスさん…
逃げたつもりで、まだ付近をウロウロしているかのような…^^
嫌いになったわけじゃないのだ。
ただ疲れただけで。

一か月くらい、全部忘れてぼけ~っとしてたいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク