型紙の作り方

先日、何の気なしに検索キーワードを覗いてみたら、
「型紙 作り方」とか、それに類するものがあった。
布人形の型紙を自作したい人なのかな。

同じ人がまた来るかどうかわからないし、
参考になるかどうかもわからないけど、
自分の方法と本に出ていた作り方を軽くご紹介。


本はこれ。
05_20130802182631775.jpg

人形に関するありとあらゆる技法が、かなり詳細に紹介されている本。
といっても、出版された時代のせいか、球体関節とかには触れられてないけど。

他の項目に比べると、布人形の紹介は比較的あっさりしているけど、
それでもいろいろ参考になる。

型紙の作り方は、まず油粘土で原型を作り、
そこに張子をしたり、直接布を当てたりして型紙を作ると書かれている。
それ以上突っ込んでは書かれていない。

わざわざ原型から?と驚いたけど、
一番確実なのかなぁ。


自分の場合は、Q版みたいに丸顔の場合はまず球の型紙を作る。

作りたい頭部の直径をまず決め、そこに3を掛けて大雑把に円周の長さを出す。
横幅の一番広いところを円周の四分の一、
縦の長さを円周の二分の一にした葉っぱみたいな形のパーツを四枚作り、
縫い合わせて球にする。

球ができたら、あとはボリュームを落としたい箇所にダーツを入れたり、
逆にボリュームが足りないところは、型紙を調整したりする。

仮縫いと型紙調整を延々と繰り返すから、
途中で結構うんざりする。
ものにもよるけど、新しい型紙を作る時は、だいたい一か月くらいつついてるかも。

一度完成しても、気になるところはちょこちょこ手直しするから、
「正真正銘完成形」といえる型紙は、実はない。

ついでに言うと、自分の型紙作りは、
最終的に布貼りをして、縫い目がすべて隠れることを前提としているから、
ダーツでもなんでも入れたい放題だけど、
布貼りをしないのであれば、あまり参考にはならないかも^^

下の写真は、以前作った七頭身用の頭部の土台。
06_201308021826396fe.jpg

作った時は「これでいいかな」と思ったけど、
今見ると、ちょっとのっぺりしてるなぁ…

成人キャラに使用予定だったため、
大人っぽいバランスになるよう、型紙作りも球ではなく俵型からスタートしている。


頭部の型紙はこんな感じで作るけど、
胴体はもうちょっと大雑把に作ってるかな。

ざっと絵を描いてみて、高さは絵の通りに、
横幅は絵より少し広めに型紙を作る。
で、仮縫いして綿を詰め、様子を見ながら型紙調整を繰り返す。

足首からつま先にかけての型紙作りは苦手。
足底を平らにしたいけど、どうしたらきれいに平らになるのかどう考えても分からず、
結局、およその型紙の形状をまねさせていただいた。
それこそ、原型作って、そこに生地を当ててみたりすればよかったのかも。


こんな解説で使い物になるかどうかわからないけど、
常日頃およその情報を便利させてもらってるんだし、
たまには誰かへの恩返しになるといいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク