裳の装飾一段落と薬王院の灯篭


飯縄さまの装飾作り続行。
臙脂の生地を帯状に切り出し…
DSCF7561.jpg

羽パーツの糸を隠すように接着。
DSCF7563.jpg

裏側で貼り止める。
DSCF7564.jpg

だいぶ前に作っておいたフサフサも接着。
これで、裳が9割完成かな。
(もしかすると、後でまた盛るかも)
DSCF7569.jpg


鎖を切り離して、
DSCF7570.jpg

腕輪も作ったり。
腕輪は片手分だけ。
反対側の腕にはヘビさんを巻きつける。
DSCF7590.jpg


以下プチ飯縄さま情報。
薬王院の手水舎のすぐわきに大きな灯篭がある。
先日、手水舎をご紹介した時の写真にも写っているんだけど、
08_20161016161619ce0.jpg

そこのレリーフを見るのが楽しい^^
全体的な様子は、楽器を演奏するカラスさんとそれに聞き入る大天狗さんという感じ。

これは大天狗さま。
足を崩してリラックスモード^^
07_201610161618194b3.jpg

カラスさんは太鼓や鼓・笛等いろいろ手にしているんだけど…
カラスさんのご紹介はまた次の機会にでも…^^

スポンサーサイト

装飾取り付け中

ここの更新は9日ぶりかな。

作っておいたパーツに糸を通して、
DSCF7526.jpg

先に取り付けておいたパーツに接着。
DSCF7527.jpg

全体はこんな感じ。
DSCF7528.jpg


6日に飯綱山へ行ってきた。
お出かけメモはお参りブログで展開。
       

飯縄さまに遊んでもらったり、不思議な写真が撮れたり、
今回のお山も楽しかった^^

雪が降ったらアウトということで、
次に行けるのは来春かなぁ…
待ち遠しい^^
DSCF7428.jpg

装飾作り再びと高尾山薬王院手水舎

飯縄さま、作業再開。
装飾を作って行く。

まず使う紐を用意。
堅牢染めというものだけど、クセがひどいのでくせ落しから…
DSCF7344.jpg

水につけるだけでもある程度落ちるけど、
びしょびしょだと使いにくいから、
アイロンをかけて乾かす。
DSCF7345.jpg

必要な長さに切り出した紐にビーズを通す。
DSCF7347.jpg

両端を接着。
DSCF7349.jpg

先に作っておいたパーツと合わせる。
DSCF7354.jpg

一段落。
このあとまだ盛るけどね。
DSCF7356.jpg

現状だと上半身が寂しいけど、
こっちもガンガンに装飾が着く予定。
DSCF7355.jpg



以下プチ飯縄さま情報。

高尾山では薬王院の山門をくぐると、
一気にお寺・あるいは神社(?)の境内に入った!という雰囲気になる。

いろいろ楽しい見どころがあるけれど、
まずは手と口を清めに手水舎へ…
03_20161002135654967.jpg

手水舎の前に置かれた看板は、
精進料理そば膳のご案内。
これがまた楽しく素敵なんだけど、
そのご紹介はまたいずれ…^^

いつだったか、高尾山へ行った際、お日様のまわりがうっすら虹色できれいだった。
で、写真撮ってみたんだけど、
左側に写っているのが、先の写真の手水舎の屋根。
(眩しすぎるお日様を遮るのにちょっと便利だった^^)
02_20161002135653164.jpg

神社等へお出掛けする日やその前後には、
よくこういう虹色現象に遭遇する^^
たぶん、神様が遊んでくれてるんじゃないかなぁ。

三峰山へ行った時にはアークが出た。
行く前の日と、帰ってきた翌日と。
その次に行ったにも見られたっけ^^
こういうお楽しみがあるから、神社へ遊びに行くのが好き^^
04_20161002140530018.jpg
プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク