カラスさん出品

唐突だけど、カラスさんをヤフオクへ出品しました。

こちら

制作目的を、どなたかに神社や神様に興味を持ってもらうきっかけに…
と、路線変更してから、初めての出品。

目的が目的だから、こう言ってしまうと身も蓋もないけれど、
どなたかに見てもらえればそれでいいかなという感じで、
出品期間は最長の一週間で…
開始価格は基本価格の半額で…

カラス天狗好きさんが見てくれるといいんだけどなぁ~
スポンサーサイト

生存報告

明日、飯綱さまに会いに戸隠へ行ってくる。

まだ風邪が抜けきらなくて本調子じゃないんだけど、
明日を逃すと、もう飯縄さまの像を見られるチャンスはなさそうなので…

楽しんでこられるといいな。

とりあえず生存報告でした^^

狐面堂さんの面袋

風邪でダウン中。
元々、一週間くらい作業を休んで部屋の大掃除を…
と思っていたんだけど、それも遂行ならず…

掃除はともかく、
五日後の戸隠行きまでに何とか復活しないと…

そんなこんなで、作業は進展皆無。
場つなぎに、先日の伏見稲荷に持っていったきつねさんの袋をご紹介。


伏見稲荷でのゴミ拾いには、三大問題がついてまわる。
まず、しゃがんでゴミを拾うという行為が、他の人の通行の邪魔になる。
それから、ゴミを拾った汚れた手でお参りというのがちょっと気分的に引っかかる。
加えて、むき出しのゴミ袋が見ため的にイマイチ。

で、しゃがまずに拾えて、手も汚さず、見た目もそこそこなゴミ拾いを目指して、
あれこれ考えた結果、ゴミ袋内臓の外袋とロング菜箸を採用することに…

さて、どんな外袋にしようか、
どうせならきつねさんの絵が入ってるのが良いけど…
と思いつつ、ネットで適当に「狐 袋」検索したら、
いきなり素敵なものがみつかった。

購入したお店はこちら。
狐面堂さん
01_20150417073604cb7.jpg

本来は狐面を入れるための袋だそうで、
用途外使用になってしまうのが、少し申し訳ないんだけど、
デザインが素敵な上、サイズがまたちょうどよく…

写真だとサイズがわかりにくいと思うけど、
だいたい30㎝四方くらい。

使用時には、やや口を開けた状態で腰から下げて歩いた。
厚みのあるふかふかした生地でできてるので、
空き缶とかが入っても、ガチャガチャ鳴らず、良い感じだった。


購入時、商品である袋と一緒に名刺とおみくじを頂いた。
07_20150421162356c48.jpg

このおみくじにもまた可愛いきつねさんが~

全体。
08_2015042116240369b.jpg

右端。
09_20150421162410927.jpg

左端。
10_201504211624171cb.jpg

楽しい買い物をさせてくださった狐面堂さんに感謝感謝^^
またきつねさんがほしくなったら、覗きにいってみよう~

縫い作業第二段階終了

素体作りに話を戻して…

頭部パーツを仕上げていく。
まずは首入れの縫い付け。
01_20150519191023434.jpg

反対側も縫いつけ。
02_2015051919102949b.jpg

頭部の前後を縫い合わせる。
03_20150519191034b07.jpg

この作業を三体分するんだけど、
今回、型紙を少しいじったので、
その様子を見るのに、まず一体分だけ綿を詰めてみることに…

出来上がった頭部パーツを表返し、首入れに芯を入れる。
04_2015051919104262d.jpg

綿詰め。
特に問題なさそう。
05_201505191910506e1.jpg

ということで、残りの二体分も縫い上げ、縫い作業第二段階終了。
出来がったパーツをすべて表返しておく。
06_20150519191055f20.jpg

このあとはひたすら綿詰。

カラスさんと琴平神社

念願のカラスさんもようやく完成。
当初は「妖怪カラス天狗」のつもりだったけど、
琴平さまのカラスさんをモデルにさせて頂いたので、
最終的にはご眷属さまということで…

自作の写真を改めて載せるとともに、
よくお邪魔させていただいている琴平神社の様子もご紹介しようかと…
(シャレにならないほど長くなってしまってます。ゴメンナサイ・・・^^)

~プチ・カラス天狗~
01_20150518201134c53.jpg

03_20150518201151e31.jpg

04_20150518201200a07.jpg



ではでは、モデルとなったお天狗さま・カラス天狗さまの待つ琴平神社へご案内。
01_201505181544521e4.jpg

02_20150518154501548.jpg

03_20150518154510033.jpg

随身門の裏側がまた面白いんだけど、それはまた後程…^^

04_20150518154517aa1.jpg

で、お天狗さま・カラス天狗さま~
06_20150518154526c89.jpg

07_20150518154533b80.jpg

08_2015051815561702a.jpg

階段を上って拝殿へ…
その途中には狛犬さん。
10_20150518155632bfa.jpg

11_20150518155640b9a.jpg

12_201505181556528bd.jpg

お参りを済ませたら、お社のまわりを見て歩く。
まずは絵馬殿へ…
09_20150518155624e6a.jpg

13_20150518160115968.jpg

14_20150518160121a1d.jpg

再び目をお社に向けると…
15_2015051816013468f.jpg

16_20150518160142866.jpg

お社を後に階段を下りて、境内の様子をご案内。
18_20150518160613a73.jpg

21.jpg


その後は個人的一番のお楽しみ彫刻見物。
17_20150518160606d34.jpg

23.jpg

24.jpg

琴平さまで一番のお気に入りはこの子。
26.jpg

ご紹介した以外にも天神さま・大黒さま・お稲荷さん等、
見どころ満載な琴平神社。
帰りにはまた随身門を通るんだけど、
来た時とは全く趣が異なっていたり…
なんと…
19_20150518160626a47.jpg

20.jpg

お気に入りでよく行く琴平さま、
今回のカラスさん制作でも、
イメージ元として大変お世話になりました。

所在地は群馬県高崎市新後閑町270。
お近くにお越しの際は、是非是非立ち寄ってみてください^^
木々に囲まれた素敵空間がお待ちしてます。

ちまちま

ここ数日分の作業。

縫い終わったパーツを切り出す。
01_20150516213344ee2.jpg

縫いやすいよう薄紙で挟んでいる胴体カバーは、
生地に改めて型紙を写して、それから切り出し。
02_201505162133500f2.jpg

03_201505162134153d0.jpg

頭部の目のダーツを縫う。
04_20150516213426a53.jpg

05_20150516213438395.jpg

このあとは頭部パーツに首入れを縫いつけていく。

再び歴博へ

今日は再び歴史民俗博物館へ。

前回未消化だった民俗コーナーを重点的に…と思っていたんだけど、
実際には、「重点的」どころか、丸一日民俗コーナーで過ごしてしまった^^

どのコーナーでもそうだけど、
展示品の他映像資料や紙の資料まで見ていくと、
そのあまりの情報量の多さに、時間がいくらあっても足りなくなる。


前回、ざっと流してしまったところに、
鹿島さまの描かれた絵が二つもあった。
もちろんなまずさんも一緒に~

なまずさん、地震の象徴ということで、
どちらかというと「悪」なはずなんだけど、
あのとぼけた顔が可愛くて可愛くて・・・^^


今回もまた本を購入。
04_201505132201423fb.jpg

自分用のおもちゃも…

風神雷神ハンカチ。
01_20150513220106d1f.jpg

カラス天狗フィギュア。
02_20150513220124339.jpg

鹿島さま&地震なまず。
03_2015051322013128d.jpg


帰りの電車にて、「富士の女神のヒミツ」をパラパラと…
子供向けなため、非常~にわかりやすい^^
おまけに可愛いイラストつき。

富士山にまつわる浅間神社、
どういうわけか、行ってみようとしても辿り着けなかったり、
気づくとお稲荷さんに出ちゃってたり…
どうもご縁がないらしいと思っていたけど、
その辺の事情はさておき、改めて興味を持ったり…

本に一通り目を通して、ふと上を見たら、
座っていた席の真上に浅間神社の写真つきポスターが…
ちょっとおもしろい偶然^^


天気にも恵まれて、目当ての展示も見られて、
目的達成という意味では良いお出かけだったな。
いずれまた出かけてみよう。

鹿島さまと香取さま

しばらく前に買った石見神楽のDVD、
連日ご機嫌で流しっぱなしにしている。

耳が慣れてきたのか、
聞き取れないと思っていた歌(セリフ?)も、
所々「音」ではなく「言葉」として聞こえてきたり。

が、今朝の事…
「…今、フツヌシって名乗ったように聞こえたけど…?」

流していたのは「鹿島」。
場面はお諏訪さまとの一騎打ちというところ。
…???

お諏訪さまとやり合うのが鹿島さまじゃなくて香取さま…?
あれ?国譲りってそういう流れだったっけ…?

というか、今まであまり意識せず流していたけど、
日本書紀に出てこないお諏訪さまと日本書紀にしか出てこない香取さまが、
一緒に出てくる時点で、不思議といえば不思議な流れ…


演目のタイトルが「鹿島」、
しかも「石見神楽公式サイト」となっているところでは、
あらすじと一緒に、思いっきり古事記の国譲りが記されている。
というわけで、セリフが聞き取れないのをいいことに(?)、
一番活躍しているのは鹿島さまだと思っていたけど、
実は香取さまだったということになる。
う~ん…なんか複雑な気分というか、狐につままれた様というか…

さらに言うと、鹿島さまと香取さま、
別の神様と見られたり、同一の神様と見られていたり、その辺もややこしく…
個人的には、本人と分身が一緒にやって来た、くらいのイメージだったりも…

気になりついでに、いろんなサイトを覗いてみたところ、
やはり「何で鹿島さまより香取さまが目立ってるんだろう?」
と疑問に思っている方がいたんだけど、
その方も最後は「まぁ同一神とみなされてるし…」と締めていた。

お神楽の鹿島さまと香取さま、見たくれはまるっきり一緒だから、
ビジュアル的なカッコよさには何の変りもないんだけど、
でもなんか不思議な感じが…

石見神楽以外のお神楽で、その辺のくだりがどう扱われているのか、
そんな事にもちょっと興味がわいたり。

突っ込めば突っ込むほどややこしくなりそうな気もするけどね^^


余談だけど、鹿島さまの所(鹿島神宮)へ行ってみよう調べてみたら、
着くまでに五時間かかるらしいことが判明。
直線距離だと近く感じるけど、
電車利用だと諏訪大社や伏見稲荷へ行くのと変わらないくらいかかるな。
ま、お諏訪さまのとこみたいに往復10キロお散歩しないだけ、少し楽か。
(それだけ歩いても全然苦じゃないのが、毎回不思議なんだけど)

ご眷属の鹿さんが境内にいるとかで、
ご飯あげられたらいいなぁ、とかちょっと楽しみだったり。

そんなことを考えていたら、
たまたま自分の前にいた人の上着の柄が、もろに鹿と紅葉だった^^
偶然でもちょっと嬉しい。

行くのは戸隠の後だから、来月以降か。
楽しく行ってこられるといいな。

素体制作続行中

素体制作、日々チマチマ進行中。

生地に接着心を貼って、手足の接続パーツも用意。
本当は頭部の布貼り用の生地も切り出しておきたいんだけど、
実際に使うまで少し時間がかかるから、
その間に痛めてしまわないよう後回し。
01_20150510200147817.jpg

で、型紙を写す。
型紙はこんな感じ。
けっこうボロボロ。
02_201505102001550ac.jpg

型紙写し完了。
03_20150510200202794.jpg

縫い作業第一段階終了。
04_20150510200211a48.jpg

このあとは一旦パーツを切り出して、
縫い作業第二段階に入る。

相変らずあまり急いでは作っていない。
締切がるわけでなし、バタバタ作るより、
のんびり機嫌良く行こうかと…

鹿島さまを作るかも

カラスさん完成ということで、
通常なら、そのままオク出しなり、ここで販売なりするんだけど…

ふと、作る目的を「売ること」ではなく、
誰かに神社の楽しさや神様のカッコよさ(?)を
「知ってもらう」に切り替えたことを思い出し…

カラスさんの写真と一緒に、
いつも行く琴平さまの様子もちょびっとご紹介できたらいいなぁ、なんて思ったり。

で、時間のある今日、琴平さまへ写真を撮りに行こうと思っていたんだけど、
あいにくの曇り空で…
明日出直しかな^^


制作予定は、素体の作りだめのあと飯縄さまなんだけど、
もしかしたら、そのあと鹿島さまを作るかもしれない。

「知ってもらう」ための制作にしようと決めたきっかけは鹿島さま。
とはいえ、神様を作るのはちょっと…という思いもあって、
いろいろ考えると、実行に移すのは…とためらってたんだけど、
昨夜、カードでせっつかれてしまった。

う~ん…
きっかけとはいえ、「作ります」とは一言も言ってないんだけど…
鹿島さまのカードと一緒に「言ったことは実行する」・
「約束を果たす」のカードが出てしまって…

そんな紙っきれの組み合わせで自分の行動を決めるのか?
と突っ込まれれば何も言えないんだけど、

それとは別に、先日からふとした瞬間に
「鹿島さまの所に行く」と浮かんでくることがしばしば…
そんな予定は今のところないんだけど…

いろいろ悩むとはいえ、
本音を言えば作りたくないわけでもなし、
作るでいいかなぁ…とか。


変な生活していると、変な現象と自分の妄想の区別がつかなくなってくる。
「諏訪市博物館へ行かなくちゃ!」と脈絡もなく思った頃と前後して、
お諏訪さまが脳内でちらちらするのだ。
髪型は地元の山車のと一緒だけど、服は全然違う。
袖先の模様が妙に特徴的で…
しかも成人ではなく子供の形で、自作に転換しやすい姿。

お諏訪さまなんて、絶対作るはずがないのになぁ、と思うと、
(迷惑かけた相手を図々しくも形にするとかありえないし)
どう考えても自分の妄想なんだけど、
これって、本音では作りたいと思っているということなんだろうか…


神様を作るというのは、本当に悩む。
ご眷属制作でさえ妙なことが起こることを思うと、
そのさらに上のご存在を作って大丈夫か?と常に思うし、
仮にそっち方面の問題がなかったとしても、
人によっては「不謹慎」と捉えるだろうし、
いつかそれを面と向かって指摘されたら、
落ち込んで再起不能になるかも…とか。

…かくなる上は、
「知ってもらう」ための制作であることを前面に打ち出しておくべきか…

いろいろ難しい。

下書き

カラスさん終了ということで、次は素体の作りだめに入る。
その合い間で飯縄さまの下書きをしてみたり。
01_20150506191207afb.jpg

飯縄さま、不動明王の化身との説もあるとか。
というわけで、髪形を近づけてみようかと思ったんだけど…
前髪つけた時点で全然不動明王じゃなくなってしまった^^

ドールヘアでの再現は困難だから、フェイクファーを使う予定。
まだどう作っていくか、細部までは考えていない。

仏教系ファッションの飯縄さまで一番厄介なのは、やはり条帛。
一見ただ布を垂らせばいいように見えるかもしれないけれど、
プチサイズでは、生地の貼りが邪魔して、絶対自然には垂れない。
というわけで、その辺も何とかしないと…

瓔珞・臂釧・椀釧も…
装飾作りはあまり得意じゃないから、
デザインがまとまるまでちょっと大変かもなぁ。

…問題だらけだ^^
ま、なんとかしよう。

完成

羽の続き…
01_201505061830241da.jpg

ふちを仕上げる。
柄のせいで、ちょっとうるさい印象になってしまったかも^^
02_201505061830325db.jpg

羽を背中に接着して、カラスさん終了!
不安定ながらも一応自立できたり。
03_20150506183039a4b.jpg

何事もなく作れたのが一番嬉しいかな^^
着手前はいろいろ悩んだし…

オークション出品予定なんだけど、
このままうちの子でもいいかなぁ、とか…

とりあえず、作りたくて仕方がなかったカラス天狗を作れて満足満足…
このあとに続く飯縄さまもカラス天狗だけどね。

う~ん…
迦楼羅も再挑戦したいなぁ。

資料がほしい

先日千葉で購入した資料、
日々ご機嫌で読んで眺めて楽しんでいる。

02_20150424203936773.jpg

説明文や論文が苦手で、どれくらい苦手かというと、
西遊記は大好きなのに西遊記の論文は理解できないという…
それくらい苦手。

そんなだから、読んでも理解できず無駄になってしまうかなぁ、
とちょっと思っていたんだけど、
意外にすんなり読めて、自分でびっくりだったり^^

読んで楽しめるとなると、もっといろんなものを見てみたくなる。
さまざまな神様に対する信仰や全国各地の民俗・風習、
お神楽をはじめ、伝統芸能の資料もほしい。
お祭や山車の案内や、神社の御由緒書き等も…

普通の本と違って、企画展のパンフレット等だと書店では調達できないし、
虫のいいお願いだけど、
そっち方面の資料で、もしご不要なものをお持ちの方がいれば、
お品代プラス送料でお譲りいただきたいくらい^^


諏訪信仰の資料を読んでいて、
ふと、記載された諏訪市博物館へ行けば、
お諏訪さまの資料が手に入るのかなぁ、とかぼんやり思ったり。

で…
あれ?資料調達してどうするんだ?とはたと我に返ったり。

う~ん…どうする気だったんだろう。
自分でもよくわからなかったり…^^
一瞬「ここへ行かなくちゃ!」くらいに思ってしまったのが自分でも謎…

まさかとは思うけど、作る気になりかけてたんじゃないだろうなぁ…
あぶないあぶない…

何はさておき、いろんな資料がほしい~!

できた

ようやく羽の柄描きが終わった。
01_20150504183052219.jpg

あとはこれを切り出して土台に接着すれば、カラスさん完成。

飯縄さまでまたこの作業をするのか…
ま、今まで作ってきたの羽に比べればはるかにカッコいいし、
頑張って作るしかないな。

追い風

おいぬさまの時同様、
ほんの少しだけ妙なことになってきている気がする。

数日前、飯縄さまに会いに行く先を戸隠神社に決めた。
その後、某所で「長野市立博物館」という文字を目にし、
何となく気になっていたんだけど、
今日になって、その博物館で月末まで飯縄さまの像を見られることが判明。
博物館は長野駅を挟んで戸隠とは逆方向。
ただし、寄り道できないほど遠くもない…

神社と博物館と、両方行けるかどうかはまだわからないけど、
何このタイミングの良さ…

ただの偶然な気もするけど、
うしろでいろいろあったりすると、偶然と必然の区別をつけ難く…

まさかとは思うけど、民族博物館へ行ったのは、
そもそも飯縄さまの資料調達のためだったのか…?とか。

何でもかんでもそういう方向に結びつけて考えるのもどうかと思うけど、
せっかくの追い風なら、しっかり乗ってしまおうと思う。

良いものができるといいな。
その前にカラスさんだけど^^

日本の神様カード2

カードの読み解き、
解説にはいろんなことが書いてある。

そのすべてが必要なわけではなく、
その中から必要なキーワードを探して読むような感じ。

七枚引いたとしても、その内訳を見てみると
共通の意味を持つカードが二枚ずつくらいで組みになっていることが多い。
おかげで意味を理解しやすい。

と、そんな風に使っているんだけど、
時々面白いことが起こる。

行こうかなぁ、と思っている神社の御祭神が繰り返し出てきたり、
先日は、千葉で買ったお稲荷さんの資料を読みふけったあと、
脳内「お稲荷さん~」状態でカードを切っていたら、
お稲荷さんのカードがいの一番で飛び出してきたり。
また、用がないならないで、
出てくる八枚の中にお稲荷さんが入ってるといいのになぁ、
なんて思いながら切っていたら、
本当にお稲荷さん込みで出てくるようになったり…
いろいろ不思議なのだ。


うしろ側のことはわからないことが多い。
というより、全然わからないといっても過言じゃない。
およそのサイトやブログを覗いてみても、
みんな言っていることがバラバラで、何が本当かさっぱりわからない。
唯一わかるのは、この世の在り方は表面だけ見て思うより
はるかに複雑らしいという事だけ。

そういう世界が見えたり聞こえたりする人もいるようだけど、
自分は、そういうのは要らない。
ハッキリわかった方がスッキリしそうな気もするけど、
一方で、モノを作るには、そういうのはないほうがいいと思う。
たとえばの話、「こんこん様の本当の姿はこういうのです」なんてのが見えてしまったら、
そこにとらわれて自由に作ることができなくなりそう。

それに、元々そっち方面に興味があるとか
のめりこんでいるとか全然そんなじゃないしね。
怪しいとか胡散臭いとか今でも感じるし、
可能であれば距離を置きたいジャンルだし…

ただ、否応なく引き込まれてしまっていて、
今更逃げようもないというだけで…

これからどうなっていくのかもさっぱりわからない。
ま、悪いことばかりじゃないと思って行くしかないかな。

まとまりなくなっちゃったけど、
以上神様カードあれこれでした^^

日本の神様カード

先日の記事にも少し書いた日本の神様カード、
興味がある方がいるかどうかわからないし、
工作ブログでやるネタか?と問われると少々あやしいけど、
ま、カラスさんの羽が進むまでの場つなぎにご紹介しようかと…

購入したいきさつは前にも書いた。
買ったのか買わされたのかちょっと微妙だけど、
うしろのご存在との意思疎通ツールとなっている。

見た目はこんな感じ(楽天さまに飛びます)

付属の解説に使い方がいろいろ書いてあるけど、ほとんど無視している。
しばらくいじっているうちに、適当に自己流で使っても問題ないことが見えてきたので…

この手のカード、占いの道具なのかな、と思っていたけど、
自分にとっての意味合いは、少し違うような気がする。

知りたいことや気になることを聞くことがないわけじゃないけれど、
基本的には、うしろから用がある時にその内容を知るためのものというか…

一応朝晩二回使うけど、暇つぶしに切って遊ぶこともある。
使っているうちに、いつの間にやらマイルールができたり、
カードの出方のパターンに気づいたり、
使うほどに馴染んでくるようでちょっと面白かったり。

使い始めた当初は一枚引きだったんだけど、
だんだん枚数が増えて行って、今は七枚までで読んでいる。

カードを切っているうちに勝手に飛び出してくるカードを拾って読むんだけど、
途中お諏訪さまか産土さまのカードが出たらそれ以上は切らず、
それまでに出たカードで意味を読む。
八枚拾ってもまだどちらのカードも出ない場合は、
今日は用はないらしいと判断して片付けに入る。

片付けといっても、そのままケースに入れるわけではなく、
一番上に置くことにしてるお諏訪さまのカードが出てくるまでまた切るんだけど、
たいてい、それほど切らなくてもすぐ出てきてくれる。

始めのうちは、締めは必ずお諏訪さまだったんだけど、
ここしばらくは産土さまのカードもよく出る。
いずれにしても、なんでそうなるのかはよくわからないけど、
まぁ、良くわからないことが多すぎるから、
そういうこともあるんだろう、と流している。

ちょっぴり脱線

カラスさんの羽の続きを…と言いたいとこなんだけど、
ボンドで固めた生地に少し不備が発生してやり直しに…

やり直しといっても、改めて水をつけて乾かすだけなんだけど、
乾くまでは暇なので、作りかけの素体を少し進める。

ここまで作ったものの、針金が足りなくなってストップしてたのだ。
02_201505011034159cd.jpg

今はもう針金も調達済みだし、首関節を作ることに…

首関節の材料。
丸めた紙とビーズ・針金。
これで六体分。
03_20150501103439b1f.jpg

数があるので、工程順に並べてみた^^
04_20150501103448821.jpg

完成。
これを本体に仕込むことで首がかしげられるようになる。
05_201505011034549ac.jpg


最近、季節の変わり目のせいか、半端でなく疲れやすい。
おかげで結構だらけ加減だったり…
何か体力を維持する良い方法でもあるといいんだけどなぁ…
この調子じゃ、カラスさんもいつまでかかることか…
プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク