頭襟塗装中

頭襟塗装中。

01_20150326214932b1e.jpg

下駄はまだまだ表面処理中。
アルテコの硬化待ちが長くて、なかなか作業が進まない。
まぁ、新鮮なのを買えば事は済むんだけどね…^^

下駄をはいての安定した自立はやはり難しそう。
いくら重りを仕込んだとはいえ、形状からして不安定だし…

「下駄はおまけです」と一言添えて出品するしかないか…
う~ん…不本意。
スポンサーサイト

なおった!

槍が壊れて、買い直し覚悟だった例のフィギュア、
「エポキシ系接着剤でなおせるのでは」とコメント頂いて、
よし試してみよう!と思ったものの、なかなか買い出しに出かけられず、
昨日になって、ようやく調達できた。

で、結果は…

05_20150324212105615.jpg

みごと復活~!!
凄い…^^

コメントくださったKさま、本当にありがとうございました~!!


人によっては「そんなの常識」だったりするかもしれないけど、
まだ知らない人や、またはこれから使ってみようという人がいれば、
何かしらの参考になるかと、ちょっとご紹介。

自分が調達したのは品名「エポクリヤー」色調「透明」。
用途はガラス・金属・タイル・石・コンクリート・木材。
接着できないものは軟質塩化ビニール・ポリエチレン・ポリプロピレン・
ナイロン・シリコーン樹脂・フッ素樹脂。

使い方は…
二種類の液を混ぜ合わせて、接着面に塗り、一定時間放置。

06_20150324212117eb3.jpg

木工ボンドやGクリヤーのように最初からある程度の接着性を持つものではなく、
混ぜたばかりはただのトロトロした液体といった感じ。
とういうことで、硬化(?)するまではそっとしておかないといけないんだけど…
槍の修理ではこれが一番困難だった^^

そもそもブツの直径が2㎜かそこら。
おまけにきれいに真っ二つだから、その断面にほとんど凹凸がなく、
貼り合わせてみても、それを固定する間もなく、すぐにばらけちゃったり…
それを何とか落ち着かせて、一晩放置。
で、翌朝にはしっかりなおっていた、と。

接着剤と一口に言っても、その用途や使い勝手は様々。
自分の目的に合うものをきちんと選んで行ければいいけれど、
うっかり変な落とし穴にはまることもしばしば…
(いつだかもキャストとその他との接着にめちゃくちゃ苦労した)
今回は本当に良いものを教えていただいて、
心から感謝です!
ありがとうございました。

下駄をちまちま

下駄の歯を作る準備をする。
補強に軸打ちしようとピンバイスで穴を開けたんだけど…
2㎜の穴に2㎜の軸が入らないという謎の現象が起き…
無駄だったとまでは言わないけれど、出鼻をくじかれたような…
01_20150324212040d94.jpg

軸打ちはあきらめて、そのまま歯を作る。
02_201503242120446a4.jpg

歯とメイン部分とを組み合わせて、
カラスさんが自立可能かどうか様子を見たんだけど、
やはりというかかなり不安定。

いくらかでもましになってくれないかと期待を込めて、
歯に重りを仕込むことに…
サイズとお値段が手ごろだったので銀ビーズを使うことにしたけど、
入手可能な金属で一番重みがあるのは何だろう?とちょっと素朴な疑問が…
03_2015032421205116e.jpg

銀ビーズのまわりを高密度タイプのエポパテで埋める。
これでさらに重量が増すはず(ちょっぴりだけど)。
04_20150324212058074.jpg

写真は撮ってないけど、頭襟を塗装中。
もともとは黒っぽくするつもりだったけど、
結袈裟の色に合わせて、肌色っぽい感じで…

ここへ来て、さすがにまったりしすぎたかなぁ、という気が・・・^^
たぶん、全力で煽れば二か月かからず仕上がっていたと思う。
せめて来月中には片付けよう。

表面処理その他

ある程度形の整った頭襟も一緒に表面処理。
01_201503191650231b2.jpg

アルテコの硬化待ちに、カエルを試作。
自分が使うわけじゃないけどね。
02_20150319165036c9e.jpg

03_201503191650415ea.jpg

04_2015031916504796d.jpg

大きさ比較にマウスと並べてみる。
05_20150319165055bf6.jpg

ただ、相手の望む用途に使うには、いろいろ厳しいかなぁ…
ま、いいや。

下駄と頭襟

下駄メインパーツの表面処理に着手。

まず、少し粗めのスポンジやすりの上でやすりがけ。
そうすると、凹凸のある部分が浮き彫りになる。
01_20150314185124482.jpg

凹凸をアルテコで埋める。
09_20150314185138bf8.jpg

アルテコ、正式名称は「瞬間接着パテ」なんだけど…
もうめちゃくちゃ劣化しているから、「瞬間」どころか硬化に数時間かかる。
硬化後ももろいから、もはや接着剤として使うのはどうか…という感じなんだけど、
穴埋め作業にはそのもろさが具合よく…
かまわず使い続けている。

粉末と液体を混ぜて使う。
03_20150314185145657.jpg

穴埋め中。
04_20150314185153ddd.jpg

アルテコの硬化待ちに頭襟を削り出す。
まず下書して…
05_20150314185224fde.jpg

アウトラインを切り出す。
06_201503141852348a9.jpg

おおかみさんの頭襟は、事前に紐を通すスペースを確保しておいたんだけど、
今回、うっかり失念していたので、後から溝掘り…
02_20150314185214b07.jpg

さらに削り込む。
08_20150314185244ae7.jpg


あんまり「得意」とは言えないけど、
布をいじるより、本当はこういう作業のほうが好きだったり…^^
ちと楽しい。

ちまちま

先日切り出した下駄のメイン部分が少々大きかったので、
今日はそのサイズダウンから。
01_201503122129451d0.jpg

一回り小さくなった。
(って、こんな撮り方しちゃったらわからないな…^^)
02_20150312212950fd8.jpg

で、表面処理に着手と言いたとこなんだけど、
ちょっと脱線して、頭襟の準備。
03_201503122129550aa.jpg

当分地味な作業が続く。

下駄に着手

下駄はエポパテで作る。

まず準備。
(もう一つ必需品が写ってなかった)
01_20150310213329cf1.jpg

パテを練る。
02_201503102133336dc.jpg

伸ばす。
03_2015031021333939b.jpg

切り出し。
04_201503102133467d9.jpg

表面がイマイチきれいじゃないから、このあとはしばらく表面処理。

下駄…
何となくだけど、効率の悪い作り方になりそうな予感。
どう作るのが一番いいのか、よくわからない感じで…

ま、最終的に下駄になれば、あとは多少遠回りでもいいか。

首飾り

予定はしてなかったけど、
全体のバランスを整えるのに首飾りを作る。
数珠っぽい雰囲気で行こうかと…

ビーズを用意したんだけど、つやがあり過ぎるので、
まずはつや消しニスでつやを消す。

ビーズに持ち手代わりの紐を通す。
02_20150309141230fff.jpg

紐をつまんでニスを塗っていく。
03_20150309141234868.jpg

そういえば、色の変化がわかるような写真撮り損ねたな。

他のビーズと組み合わせて、首飾り完成。
05_20150309141250180.jpg


このあとは下駄を作るんだけど…
気温が低いから、パテの硬化に時間がかかりそうだな。
ま、のんびり行く。

ちなみに…
例のフィギュアの現状。
04_20150309141238e56.jpg

槍は見事に「く」の字に…
もう買い直し決定だな…

装飾とちょっと愚痴

カラスさんの現状。
髪がぼさぼさに見えてカッコ悪いな。
01_20150308061537d2e.jpg

なるべく一般的なイメージで…のはずが、
いつのまにやら装飾が増加していく…
02_20150308061541664.jpg

03_20150308061546cac.jpg


作業だけに没頭できたら、全部忘れられて最高なのにな。
見えるものも見えないものも、全部空になってしまえばどれほど楽か。
現実逃避もしたいけど、非現実からも逃避したくなったり。
わからないものをわかろうとすることに、ちと疲れた^^
全ての情報源を絶って、作業だけできる引きこもりになれたらいいんだけど、
さすがに無理か。

ちまちまと

鈴懸に帯を締める。
01_20150304211901bf4.jpg

結袈裟を接着。
02_201503042119080f0.jpg

現状こんな感じ。
03_20150304211913e90.jpg

いろいろ予定変更を余儀なくされている。
ま、最終的にまとまってくれれば、それでいいんだけどね。

カラスさんの買い出しを済ませてきた。

鈴懸の帯と結袈裟の装飾。
本当は羽に使う生地も買いたかったんだけど、
手頃なものがみつからず、先送りになった。

迦楼羅を作って以来、
見栄えのいい羽を作る方法はないかとずっと考えていたんだけど、
ひょんなことからいい方法を知ることになった。

もうしばらく前になるけど、
覗いてみた中原淳一展の展示にそのヒントがあった。

イラストのドレスを再現したものが展示されていたんだけど、
その装飾に小鳥がついていたのだ。

その羽を見た瞬間、
「これでカラス天狗が作れる~!」と…^^

見た目から、おおよその作り方を推測して、
脳内シュミレーションを繰り返してるんだけど、
果たしてうまく行くかどうか…

気にはなるけど、まずは服を仕上げて下駄と頭襟、
羽はその後だな。

最近はとことんのんびり作ってるから、
当分先になりそうだけど、
でもうまく行くといいな。

ちなみに迦楼羅の羽。
これはこれで頑張ったつもりだったんだけどね…
03_20150302222510b6d.jpg

続きを読む

プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク