材料が…

頭襟の材料はそろったけど、
しっぽと結袈裟の生地がいまだ到着せず…
今こっちに向かってはいるらしいんだけどね。
というわけで、頭襟を仕上げる。

買ってきた鎖から装飾パーツを外して使う。
01_2014073116232808b.jpg

装飾の裏に生地を貼る。
02_20140731162342a60.jpg

その他のパーツと組み合わせて、頭襟終了。
03_20140731162403edb.jpg

ちょっと拡大。
04_20140731162408ed0.jpg

結袈裟にも装飾つけ。
05_20140731162416d18.jpg

生地さえ届けば、今日中に終わるんだけどなぁ。
佐川さん、お願いだから早く来て^^
スポンサーサイト

布袋戯フィギュアと自作赦生童子

材料不足のためおおかみさんはお休み中。

布袋戯のDVDを注文しようといつものお店へ行ったら、
贔屓キャラのフィギュアが出ていた!!

「贔屓キャラ」。
一体何人いるんだ?と突っ込まれそうだけど、
とにかくキャラ数の多い布袋戯では、一人だけ応援するなんて根本的に無理な話で…^^
もちろん「このキャラだけは別格」というのもいるんだけど、
他にも「このシリーズではこのキャラが一番!」みたいなのも多く…

ちなみに、別格キャラのフィギュアが出ていることに気づかず、
こちらは買い逃してしまった…
残念…

今日注文したキャラは、自分でも一度作っている。
おおかみさんの材料待ちに、ちょっぴり公開。

ポーズはこんなイメージで…
07_2014072810182646a.jpg

といっても、これを描き描きしたのは、本体があらかた出来てからだったり。

話がずれるけど、だいたいいつも、作って行くうちにいろいろ見えてくるのだ。
なんていうか「あ、こいつはこういう風になりたいんだ」みたいなのが。
で、気づくと、何気なくやったこと(例えば視線の向きとか)が、
いつの間にか意味を持ち始める。

逆に、下絵通りに出来上がったものは、
ただ出来上がっただけにしか見えない。
自作でいえば、ちびっこおおかみ竜神さまがそう。
具体的に何がダメ、っていうわけじゃないんだけど、
何かが抜けているような味気ない雰囲気。

話を贔屓キャラに戻して…
頭部。
06_201407281018419ce.jpg

この頃はまだ髪に熱を加えるという知恵がなかったから、
髪のまとまりはイマイチ^^

胴体と頭部を合わせるとこう。
09_20140728101853b98.jpg

デフォルメしているとはいえ、
成人キャラが服無しでいると、なんか哀れに見えてくる。
盛大に着込んで、装飾もたっぷりつけて、おしゃれしてこその布袋戯キャラだしね。

で、服を作っていくんだけど…
08_20140728101900261.jpg

これまた、完全に仕上がるまでは全然そのキャラらしく見えなくて、
けっこう切なかったり。

通常は目隠ししているキャラなので、
個人的にはこの見た目のほうがちょっと落ち着く。
02_20140728102009d04.jpg

手甲の装飾は、布袋戯キャラの中でもかなり手の込んだデザイン。
こういうデザインを、さらっと思いつけるようになれたらいいんだけどなぁ。
03_20140728102014471.jpg

イラストのポーズをとらせてみる。
05_201407281019196c7.jpg

本物のQ版と並べるとこんな感じ。
身長にかなり差が出てしまった。
04_2014072810195121a.jpg

武器も作って…
14_20140728105623323.jpg

11_201407281056460b6.jpg

12_20140728105636d74.jpg

完成。
10_2014072810202582f.jpg

兄弟キャラと同時制作だったから、
制作期間は、なんだかんだで一年弱くらいかかったかな。

注文したフィギュアは、
その実、もともと一番やりたかったポーズ(ペットつき)で、
そういう意味でも手元に来るのが楽しみだったり^^
早く来ないかなぁ~

言い訳

今日はしっぽと装飾に使う生地を注文。
頭襟に使う装飾は明後日か月末に調達予定。
というわけで、作業停滞中。

制作メモがとことん簡素になっている。
別に「誰かのために」と思ってブログをやっているわけではないけれど、
あまりの簡素さに、傍から見たらつまらない内容だろうなぁ…なんて思ったり。

作業の記録として書くなら、
失敗したところや気に入らないところ、
それに対する今後の対策等、しっかりメモしておいた方がいい。

が、作品・商品としてフィギュアを待っている方がいて、
なおかつ、その方自身ここを見に来られる、となると、
あまり露骨に裏側を見せるのは、
せっかくの楽しみや夢をつぶすことになってしまうわけで…

そんなこんなで、いろいろ考えると、
作業課程のみメモ、が一番無難という結論に…

味気なさは自覚しているけれど、
たぶん、これからもこんな調子だろうなぁ。

以上、ちょこっと言い訳でした。

ちまちま

頭襟の塗装。
01_20140725213558a1e.jpg

完全完璧材料不足に陥ってしまったので、
細かい所をちまちまと…

二枚目の上着の装飾を仕上げる。
作っておいた房に黒いビーズを合わせ、袖にとりつける。
02_20140725213608bc3.jpg

03_201407252136125e7.jpg

最初から黒を使うつもりだったわけじゃないんだけど、
頭襟だけ黒だと、ますます顔の印象が弱まってしまいそうなので、
少し視点が散るように、袖にも黒を入れてみた。

頭部は頭襟をつけるとこんな感じ。
04_2014072521361794f.jpg

もう一回り大きくてもよかったかな。

頭襟

硬化したパテ。
01_20140723222039c86.jpg

パテに写ったアウトラインを元に切り出す。
02_201407232220514a2.jpg

03_20140723222056eca.jpg

04_2014072322210162c.jpg

アルテコを使って表面処理。
05_20140723222135779.jpg

明日は塗装かな。

装飾あれこれ

結袈裟の続き。

パーツにバイアスをつける。
01_20140722171616ddc.jpg

バイアスつけ終了。
02_20140722171627b98.jpg

手間をかけて縫いつけるより、接着のほうがきれいに仕上がるという皮肉な結果に…^^

結袈裟やり直し終了。
03_201407221716321d0.jpg


装飾の房を作る。
04_20140722171638967.jpg

熱湯につけてクセを落す。
05_201407221716433aa.jpg

糸を巻きつけて、房完成。
06_201407221716501d1.jpg


材料不足のため、装飾作りはここまでにして、頭襟に着手。
耳の都合で、人間のようにはつけられないから、形だけだけど…

まずメイン部分をエポパテで作る。
アウトラインを紙に書く。
中央の線は、装飾をつける位置の目安。
07_20140722171656a77.jpg

装飾をつけるスペースを確保するため、プラ棒を置いて、
上からパテを押し付ける。
08_20140722171703240.jpg

気温が高いから、けっこう早めに硬化するかも。


見た目はまだ海のものとも山のものとも…だけど、
終わりは見えてきた。

次のきつねさんの方に、そろそろ連絡しようかな。

結袈裟やり直し中

結袈裟をやり直す。

パーツの切り出し。
02_201407212109105ff.jpg

バイアスを作る間、袖の装飾のビーズを用意したり。
03_20140721210914997.jpg

パーツにバイアスをつける。
04_20140721210919af8.jpg
縫い付けではなく、接着。

薄い生地のパーツ、ゆがみ防止に紙を使う。
05_20140721210924d31.jpg

バイアスをつけてから紙を剥がす。
紙を剥がした後は、通常通り仕上げる。
06_20140721210930eff.jpg

やり直しもここまで終了。
07_201407212109360e9.jpg

ちなみに、最初のものと比べるとこう。
歪みも少なく、角がきちんと出ている。
08_201407212109445ee.jpg

明日中に結い袈裟のやり直しを終える予定。

上着の装飾つけ

靴が終ったので、細部を詰めていく。

まず手甲をつけて、
02_20140719202105861.jpg

一枚目の上着の袖と正面を適当な位置で接着。
03_20140719202110400.jpg

二枚目の上着に使う装飾を検討。
04_20140719202115d46.jpg

裏側から取り付ける。
05_20140719202121100.jpg

糸の端はパール半球を接着して隠しておく。

装飾はまだ三か所つけ終わっていない。
上着の装飾が一段落したら、結袈裟を作り直す。

靴 もうちょっと

昨日切り出した生地をぐし縫いして靴底をくるみ、
靴のメインパーツに接着する。
01_20140717222401c91.jpg

また帯を作って、靴底周囲に貼る。
02_2014071722240674c.jpg

今日は片方の靴しか仕上がらなかった。
残りのもう片方は、また明日。

まだ靴

接着心を貼った生地を切り出す。
01_2014071620545630e.jpg

帯を作ってパーツに接着していく。
02_20140716205500b0b.jpg

正面と側面の帯が貼り終わったら、ここでいったん靴底をつける。
03_20140716205505324.jpg

かかとにも帯を貼る。
04_20140716205509659.jpg

最終的な靴底に使う生地を切り出す。
05_20140716205516cfc.jpg

明日か遅くても明後日には靴が終わるかな。

靴に着手

靴の型紙を作る。
01_201407152209057e6.jpg

型紙完成。
02_20140715220910e28.jpg

靴底に使う厚紙を切り出し、一部を重ねて接着しておく。
03_20140715220914dee.jpg

靴のメイン部分の生地に貼る接着芯を切り出す。
04_20140715220919b1e.jpg

ちょっと地味な作業…

手甲

手甲に着手。

型紙を写す。
01_2014071421484914d.jpg

生地を切り出してバイアスをつける。
02_2014071421485494a.jpg

手甲終了。
03_20140714214858f93.jpg

このあとは靴に入る。

結袈裟終了

バイアスをつけたパーツを組み合わせていく。
01_20140713193341a2c.jpg

02_20140713193347152.jpg

本体と合わせるとこんな感じ。
03_20140713193352c2b.jpg


写真だとわかりにくいけど、
現状では、結袈裟の緑が一番目立ってしまっている。
パッと見た時、肝心の顔より服の方が目立つというのも何なので、
この後、装飾で緑の存在感を少し弱めていく。
でも、その前に手甲と靴かな。

ほしくなった

妖怪メインの浮世絵展を見に、東京へ行ってきた。

烏天狗と酒呑童子を堪能~
そうそう、こういうのが好きなのだ^^
大江山の鬼退治とか、一体何遍読んだことか。

ストレートに強くてカッコいいものに憧れる。
たぶん、自分が全然そんなじゃないからだろうな。

頼光の四天王、
羅生門で活躍の渡辺綱が好きだけど、
絵に描かれていると、やっぱり金太郎さん(と呼ぶのも失礼か)に目が行ってしまう^^
豪快且つやんちゃな雰囲気が、見ていて気分爽快。


このところ、いろいろ考えこむことが多かったから、
こういう普通に面白く楽しいものがあることをすっかり忘れていた。

金太郎さん、ほしくなっちゃったな。

進んだり戻ったり

バイアスつけに入る。

イマイチうまく行かず、またやり直したり・・・
01_20140710214801a5a.jpg

02_2014071021480619c.jpg

今日作ったのは、最終的にこうなるパーツ。
03_20140710214811c0b.jpg

明々後日までには結袈裟を終わらせたいけど、
さてどうなるか…

少しずつ進めていく

今回のパーツは、生地に接着心を貼る。
01_201407082207418b5.jpg

接着心を貼って、バイアスも用意。
02_20140708220746afe.jpg

型紙を写す。
03_20140708220750577.jpg


パーツを切り出し。
04_2014070822075563a.jpg

薄いパーツは、ほつれとゆがみ防止にボンドを刷り込んでおく。
05_20140708220802f66.jpg

装飾パーツに着手

装飾パーツの型紙を作る。
01_20140707205308539.jpg

型紙だけじゃ、わけがわからないと思うけど、
こんな感じになる予定。
02_2014070720531506f.jpg

全体的に山伏っぽい雰囲気のデザイン。
これから作るパーツは結袈裟の代わり。
後側は、しっぽの都合であまり結袈裟らしくできないけど・・・^^

二枚目の上着終了

袖付け終了。
01_2014070712002880b.jpg

裾をつける。
02_20140707120033f6d.jpg

着せるとこう。
03_20140707120037182.jpg

一枚目の上着の袖は、
最終的には半分くらい縫い閉じる予定。

バイアス一段落

後側の裾にバイアスをつける。
01_201407062224588ef.jpg

バイアスつけ終了。
02_20140706222502ba1.jpg

身ごろに袖をつける。
03_2014070622250707a.jpg

明日は少し煽ろう。

消えた

昨日作ったバイアスが消えた。

昨日の夜、寝る前に折り目を確認して、机の上に出しておいたはずなのに、
いざ作業に入ろうとしたら、ない。
あるのは、ボンドを染み込ませていないフニャフニャのバイアスのみ。

今日は窓を開けていないから、風で飛んだとは考えにくい。
何かのはずみで落ちたかと周りを探すも見つからず…
間違えて捨てたか、とゴミ箱をあさっても何も出てこない…

バイアスは使う分しか作らなかったから、ないとなると、作り直し。
ブロードならともかく、余計な手間のかかるサテン生地のバイアス…
今日はボンドの乾燥待ちで終わってしまった。

バイアス、一体どこに消えたんだ?!

まだバイアス

想像以上に時間がかかっているバイアスつけ。
というか、バイアス作り…^^

ブロードで作る時は、それほど手間をかけなくてもなんとかなるんだけど、
サテンは面倒。

適当な幅に切りだした生地を水溶きボンドに浸して乾燥させ、張りを持たせる。
01_201407041744476f1.jpg

乾くと歪みが見えてくるから、そこで改めて線を引き直す。
02_20140704174452b40.jpg

引いた線に沿って、折り目をつける。
03_20140704174456d81.jpg

できたバイアスの片端を、あらかじめ折って接着しておく。
04_20140704174501b1d.jpg

パーツにバイアスを縫いつける。
05_20140704174509178.jpg

端を裏側に折って接着。
06_20140704174516d50.jpg

もうちょっと時間かかりそうだな。

進んでない

作業はほとんど進んでいない。
と言ってもサボっていたわけではなく…

サテン生地のバイアスで生じる問題の対策を練っているうちに、
試行錯誤で時間がたってしまったと…

おかげで、だいぶ良い感じになった。
03_20140701213121f63.jpg

ちなみに最初はこうだった。
02_2014070121315261e.jpg

全体がよれ加減な上、角が出てない。
諦めどころかな、とも思ったけど、
何とかなってよかった。
プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク