現状と予定

素体制作に着手したものの、不本意ながら停滞中。
相変らず神社あれこれが引っ掛かって、気分的に落ち着かないのが主な理由。

先日、産土さまへお参りに行ったら、
家に帰ってから頭がしびれだした。
ちょうど伏見稲荷へ行った時と同じような感じで。

伏見稲荷の時は、一晩たったらおさまったけど、今回は二日間続いた。

体調不良とか病気?とも一瞬考えたけど、
二回とも神社へ出入りした際というのが引っ掛かる。

しびれといっても、表面的にごくごく軽くで、時々強弱があるような…
病気でしびれている時には、頭痛やめまいを伴うらしいけど、その手の症状は皆無。

お諏訪さまでは粗相するわ、謎の現象は頻発するわ、
もう神社とか、どう関って行けばいいのかさっぱりわからない。

元は大好きだったはずの神社のことで、落ち込んだり困惑したり…
好きだっただけに、けっこう真剣にキツイのだ


ちなみに、お諏訪さまの一件は少し落ち着いた(と思う)。
諏訪大社まで行くべきか、とも思ったけど、
実際に迷惑かけたのは地元のお諏訪さまなわけで、
粗相したにもかかわらず存在アピールしてくれるのなら、
ありがたく感謝しておけばいいのかな、と…
それでいいのかどうかはわからないけど、
お礼を言ったら、その後は何事も起こらなくなった。

かわりにおいぬさまからのアピールが再燃してるけど…



現状、一番の問題は、
こんな状況下でご眷属なんか作って大丈夫かどうか、ということ。

人形に魂が宿るとか魂を込めるとかよく聞くけど、
基本的には、その手の話は欠片も微塵も信じてない。
だいたい、作業中は常に次の作業とどう対峙するかで精いっぱいで、
そんな余計なものを込めてる余裕はない。
せいぜい、布と綿の塊が、ひとつのキャラクターとして、
ちょっぴり活き活き見えたらいいな、と考える程度。

だから、通常ならそんなことを心配することもないけれど、
わけのわからない現状を見ると、なんか不安になる。

せめて、以前のように、普通に「神社大好き!」だったらよかったんだけどなぁ。


いろいろあるけど、いつかはどうにかして吹っ切らなくてはいけないわけで、
いっそ三峰山行きがそのきっかけになれば、とも思っていたり。

三峰山へは、来月七日に行ってくる。
スポンサーサイト

三峰神社とその他いろいろ

ようやく三峰山のバスが動くらしい。
といっても、行けるのは来月半ば頃になると思うけど。
とりあえずよかった。
これであいさつに行ける。


以下、見ようによってはあやしい無駄話。

続きを読む

素体制作に着手

三峰山のバス待ちに、素体に着手。

細々したものを作っていく。
首関節と手足の軸になる針金、あと足底。

01_201404212140415a7.jpg

といっても、それぞれのパーツの数はバラバラ。
とりあえず、手持ちの素材で作れるだけ作っておく。

次は手足の接続パーツかな。
当分地味な作業が続く予定。

お諏訪さまとのあれこれ

もう一か月以上も前のことだけど、
ほぼ日参のお諏訪さまで、お参りにちょっと失敗してしまった。

いや、実際にはちょっとどころじゃないんだけど、
そこが本題ではないので、流していただきたく…

で、それ以来、行きにくくなってしまったり。
行きたいけど行きにくい、というのが何とも複雑な気分で、
それでちょっと落ち込んでたり。

行きたいけど、もう行かない、と思ったことも何度もあって、
実際、別の道を通るようにしたこともあったり。

が、行きにくくなってしまってからというもの、
どういうわけか、おいぬさま騒動をしのぐ勢いでお諏訪さまからのアピール現象(?)が…

例を挙げると…
何気なく覗いたおよそのブログのトップ記事が諏訪大社絡みだったり、
全然別件で検索しているのに、なぜかお諏訪さまの名前が出てきちゃったり、
クロスワードのヒントと答えが「御柱」と「諏訪」だったり、
たまたま手にした郵便の差出人の住所に「諏訪」の二文字が含まれていたり…

ひとつひとつは偶然かもしれないけど、これがほぼ連日なのだ。

「多少の粗相は気にせず来い」という意味だろうかと考えてはみるものの、
そう思ってまた日参するようになっても、現象はやまず…
まさか、本拠地の諏訪大社まで来いっていう意味じゃないよね…と首をひねる日々。

相手が生身の人間だったら、一生顔向けできないような失敗をしておいて、
見離されるならともかく、これじゃむしろ逆に気を遣われてるかのような…

神社の隣は山車蔵になっていて、山車にはお諏訪さまが乗っている。
半端でなくきれいでカッコよくて大好きなんだけど、
ついついその姿でご祭神を想像してしまうため、
こんなきれいな神様に迷惑かけたと思うと、真剣にいたたまれず…
その上、祟られるならともかく、連日の存在アピールって、
もはや申し訳ないことこの上もなく…

結局のところ、何が起こっているのかさっぱりわからなくて、
これからどうしようなんだけど…
思い切って諏訪大社まで行ったらスッキリするのかなぁ。

誰か、答えのわかる人いないだろうか。

ご依頼品 黒髪猫の子

黒髪猫の子が仕上がりました。

今回のご依頼内容。

髪型は10番のきつねさん。
04_20140420163447b61.jpg

後ろ髪は腰のあたり、正面は肩より少し下。
目の色はグレー系。
猫耳の内側はピンク。
口は猫口っぽく。

で、こんな感じに…

01_20140420163427b5c.jpg

02_201404201634350b9.jpg

03_2014042016344246a.jpg

完成報告はいつもドキドキで…
もちろん、「ここがちょっと…」等あれば、いくらでも修正に応じますが^^

困った

ちょっと、真剣に困った事態になりつつある。

三峰山行きのバスが相変らず運休。
で、個人的事情から、今月末から来月頭にかけては山に入れなくなる。

その前にバスが動いてくれればいいけれど、
動かなかった場合、一か月弱間が開いてしまう。

ここで他のものに着手すると、
制作途中で一時休止、おおかみさんを仕上げてからまた再開、
という半端な流れになってしまう。

作る側はともかく、待ってくれている側にとっては、
やはりあまり気分の良い事ではないと思うので、できれば避けたく…

というわけで、バスの運行再開待ちの間、再び素体の作りだめをしておこうかと…
もちろん、バスが動き次第、即刻中止ということで。


ちなみに、これだけ時間が余ってしまう状況下で、
なぜおおかみさんの素体を先に作ってしまわないかというと、
これはこれでわけありで…

もう八方ふさがり^^

猫耳・猫しっぽ

猫耳としっぽが完成。
01_20140414192641626.jpg

写真では白に見えるけど、耳の内側はピンク。
目の色が少し淡い感じの仕上がりになったので、
合わせて耳の中も薄めのピンクで…

耳の取り付け位置を確認。
02_20140414192647166.jpg

このあとは髪貼りに入る。
少し時間かかるかな。

顔描き終了

ご依頼品の顔描き終了。

01_20140411224627922.jpg

雰囲気の確認で提出したイラストより、
ちょっぴり目つきがきつくなってしまった気が…^^
NGが出たら描きなおしということで…

明日以降は、まず髪貼りのみの作り。
そのボンドの乾燥待ちに、耳としっぽに着手かな。

顔描き

ご依頼品の顔描きに入る。

下描き。

01_20140410214330f5b.jpg

順調に行けば、明日には顔描きが終わるかと…


水で消せるチャコペン、消したはずの線が勝手に浮かび上がったりして、便利なのか不便なのか…
ためしに、同じメーカーの水なしでも自然に消えるというのを買ってきた。
こっちの方が使いやすいかも。
1日~2日くらいで消え始めるから、ちょっと急いで作業しなくちゃだけど、
少なくとも、消えた線が再び浮かび上がるということはなさそう。

チャコペンひとつとっても、本当にいろいろ…
選択肢が多いのはうれしい事だけど、
その中から自分の用途に合うものを探すのは、なかなか大変かも^^

伏見稲荷

三度目の伏見稲荷へ行ってきた。

行く前日、食べ物絡みで非常に不愉快なトラブルが連発。
食べ物の神様のところへ行くのに、これって一体…

お稲荷さんに「来るな」と言われてるのかな、と一瞬思ったものの、
なんとなく、産土詣での道中のような不快さを覚え、
どちらかというと、他の何かに邪魔されてるのかな、という気もしたり。
というわけで、逆に意地でも出かけてやろうじゃないか、と開き直ったり。

早朝に家を出て、10時半ごろに伏見稲荷に到着。
本当はもうほんの少し早く着くはずだったんだけど、
途中で異常な空腹に見舞われ、やむを得ず乗るはずの電車を見送っておやつタイム。
ま、結果的にはそのおかげで良い事があったんだけど…^^

前回、鳥肌と涙に見舞われた鳥居前では、今回は何事もなく…


そういえば、と思い出したけど、
あの鳥肌の立った瞬間、
「お稲荷さんはお稲荷さんなんだ」と妙にすんなり納得したんだったっけ…

正直な話、それまでは、
心のどこかで、お稲荷さんが狐の親玉だったらいいのになぁ、なんて思ってたのだ。
きつねが神様と思うほうが、きつね好きにとってはご機嫌だし、と。

それが、何であっさり「きつねさんはあくまで御使い」と割り切ることができて、
なおかつ、きつねじゃないと納得してもなおお稲荷さんが好きだと思えるようになったのか、
今でも不思議だけど、そのきっかけがあの鳥肌だった。


今回は、とりあえず普通に拝殿に到着。
お参りしたら良い風が吹いた。

最近はお参りの時によく風が吹く。
ただの偶然かもしれないけど、本当に見計らったように吹くのだ。

お参りが終わってさてという瞬間、
拝殿の隣で、巫女さんのお神楽が始まった。
あまりのタイミングの良さに、嬉しくなったり^^

もし、おやつタイムせずに予定通りに到着していたら、
自分はとっくに山に入っていたはず。
意味のある足止めだったのかな、なんて思ったり。


奥社へ向かう途中、妙なことに気づく。
左後頭部がしびれている。
頭痛?肩こり?と思うものの、ついさっきまで何も感じていなかったし、
しびれているだけで、痛みやこれといった不快感もなく…
その後、奥社と眼力社で一番しびれが強くなった。
あとは強くなったり弱くなったり感じなくなったり…
(一晩たった今はまるっきり何事もないけど)
何だったのやら…

ぐるっとお山して、戻って、
お暇前にもう一度奥社であいさつ。

「楽しく遊べました」とお礼を言う途中、一瞬日が陰った。
お参り中に光が射すことはあったけど、陰ったのは初めてで、
もしかして、何か粗相してお稲荷さんを怒らせちゃったんだろうか、と思ったけど、
次の瞬間、いつもと同じ感じで強烈な光が射してきた。
よかった^^


伏見稲荷のような大きな神社、
しかもまだ三回しか行っていない神社で、
いつもよく行く神社と同じように歓迎(?)してもらえたのが不思議で、
でも嬉しくて楽しかった。


強いて言うなら、食べ物系トラブルと頭のしびれが気になるけど…
ま、それ以外はご機嫌だったからいいかな。

伏見稲荷、次に行けるのはいつの日か。

素体完成と予定変更

途中経過が完全に飛んでるけど、素体三体完成。
01_20140409204255282.jpg

で、次はおおかみさん、と言いたいとこだけど、
三峰山へは相変わらず行けそうになく…
どうしたものか…

じゃぁ予定を元に戻して九尾のきつねさん…と行きたいとこだけど、
あいにく、まだ九尾稲荷へあいさつに行くめどが立っていない。

もう一つのきつねさんは・・・
こちらはこちらで、半端な状態では手をつけられない事情があり…

う~ん…
予定を大幅に変更して、猫の子を先にさせていただくか…
顔描き髪貼り済みのご依頼、しかも素体はすでにできているわけで、
推定作業時間は8時間。
10日以内にはできるはず。

たびたびの予定変更でご迷惑おかけしますが、ご了承くださいませ。

仮復活

予定が詰まっているにもかかわらず、長めの春休みをさせていただいていたり…
バタバタしすぎで、今後の予定を全部キャンセルさせていただくようかとも思ったけど、
そうもいかないので、少しペースを落として進めて行こうかと。


以下、見ようによってはあやしい話。

続きを読む

プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク