型紙ヨレヨレ

マスキングテープが手に入るまで、とりあえず素体作りを進める。

頭部・胴・手・足・首入れの型紙を写す。
01_20130731220232e6a.jpg

明日は、時間があれば縫い作業に入る。


散々使いまわして、型紙がもうヨレヨレ。
いっそ、そう簡単には劣化しないプラ版とかで作り直そうかと思うんだけど、
プラ版に今の型紙を写して、それを切り抜いてとなると、
絶対途中でサイズや形が微妙に変わってしまいそう。
もっとも、ヨレヨレの今だって、元の形とは若干違ってそうだけど^^

何度も使う型紙は、最初から丈夫な素材で作るべきだな。
スポンサーサイト

隠すもの

テープの買い出しに行けなかったから、選手は一休み。
プチの素体の準備をする。

手・足用の針金を切り出す。
足底は前に作っておいたもの。
01_20130729213903.jpg

使った針金はこれ。
02_20130729213911.jpg

もともとはこれの白を使ってたんだけど、
白が使えなくなっちゃったから他の色で…

白と今回の黄色を比較するとこう。
03_20130729213917.jpg

ま、写真だと全然わからないけど、
針金の周囲のビニール(?)がそれぞれ全然別物なのだ。
同じメーカの色違い商品だというのに。
そして白はめちゃくちゃ固い。
いや、普通に針金としてみればやわらかいと思うんだけど、
他の色とは段違いで固い。

色だけ考えれば、白の方が自然に感じるし、目立たなくていい気がするんだけど、
使い勝手という意味では白はあまり宜しくない。
というわけで、店頭にあった中では一番肌色に近い黄色を使ってみることにした。


プチの素体は、たいてい複数体同時に作る。
二体だとサクサク進められるけど、効率という意味ではあまり意味がない。
が、四体だと途中で飽きてだれる。
三体くらいが妥当。

三体同時制作するのに、縫い作業もまとめて進められるよう、型紙の配置を考える。
04_20130729213923.jpg

頭部に使うブロードと、胴体に使うジャージーに、
それぞれ接着心を貼って切り出し、首入れ分の生地も用意。
05_20130729213932.jpg
手・足の接続パーツもまとめて作っておいた。

あとは頭部の布貼り用の生地を切り出せば、前準備は一段落。

今回準備しているのは、腕の接続パーツが外付けのもの
素体制作の手間が省ける代わりに、
縫い目が丸見えだから、露出度の高いものは着せられないという難点がある。
自分が作るものは長袖が多いから、特に問題ないけどね。
ただ、顔描き・髪貼り済みみたいに、裸の状態で人に渡す場合には、
見栄えも考慮して、接続パーツは隠すことにしている。

隠すほうの型紙配置も考えておいたほうがいいなぁ。
ま、そのうち時間があったら…

使ってみたかったもの

写真、何とか復活。
01_20130726053445.jpg

模様自体にはみだしがある上、
絵の具を塗った部分が、ちょっぴり盛り上がってるもんだから、
なんだかうねって見える…


スケールの合う柄生地を探すのって、本当に大変。
市松模様くらいなら、こんな方法でそれっぽく見せることも可能だけど、
複雑な模様だったら完全にお手上げだなぁ。

個人向けに柄生地を作ってくれるサービスもあるらしい。
もともと柄生地をあまり使わない上、
データでの依頼は自分にはちょっぴり壁が厚く、
「よし利用してみよう!」とはなかなかならないけど、
でも、そういうものも利用すれば、いろんなことができそう。

そういえば、時折お邪魔させていただくブログでは、
プリントゴッコを使って柄生地を作ったという記事を見かけた。
そんなことができるのか、とプリントゴッコの詳細を検索したら、
すでに販売されてないとか…

現物を目にしたことすらないプリントゴッコだけど、
一度使ってみたかったなぁ。
どんな仕組みだったんだろう。
気になる。

更新不能

生地の模様描きが終わったんだけど、なぜか写真が取り込めない。
昨日までなんともなかったんだけどなぁ。

悲しいかなパソコンの扱いは不得手で、
目の前にある機能は使えても、トラブルの対処まではできない。
とりあえず別のパソコンで試してみるかな。


生地の出来は…
はみ出しちゃったところさえ避ければ、それなりかな。

ただ、絵の具を塗ったところは、きっとものすごく縫いにくいと思う。
固いし。

この後は型紙写しだけど、柄合わせとか大丈夫かなぁ。
柄生地を使うこと自体めったにないから、やったことがないのだ。

はみ出したところを避けつつ柄合わせ…
う~ん、嫌な予感^^

目がまわる記事

あまりに見た目が地味すぎて、
更新するのがはばかられるような作業内容なんだけど、
一応載せておこうかと。

一通り色を置いて、マスキングテープをはがす。
01_20130723172600.jpg

ところどころはみ出しちゃってたりも…
うまくよけて使わないとなぁ。

再びマスキング。
02_20130723172607.jpg

見た目の汚さアップ^^
おまけにこの記事をスクロールすると、なんか目が回る。



だいたい一日一時間しか作業できないけど、
時間が余ってる日でも、一時間くらいやると集中力が切れちゃったり。
自分の中で「作業は一時間」というリズムができちゃってるのかなぁ…

去年の今頃はものすごく時間が余っていたから、
一日五、六時間が普通だったんだけど。

手を動かすのは決して嫌いじゃないんだけど、
寝食を忘れるほどには没頭できなかったり。

本当はそれくらいの勢いでないと、上手くはならないのかもしれないけど、
無理して、作ることが負担になっても本末転倒だし、
自分のペースで行こうかな。

諏訪大社のおみくじは翡翠入り

諏訪大社へ行ってきた。
春宮・秋宮・本宮・前宮の順でお参り。

秋宮と本宮では、手水のほかに竜やお獅子の口から温泉(?)も吹き出していたり。
けっこう熱かった。

春宮のそばには万治の石仏も…
独特の雰囲気で、真昼間の明るいところなのに、ちょっと怖い気がしたり。
パッと見、首だけちょこんと存在しているように見えるからかな。
怖いとか言いつつ、しっかり三遍回ってきたけどね。
そばにはきれいな川が流れていて、その音だけでも結構気持ち良かったり。

本宮でおみくじを引いて、お守り・絵馬を購入。
04_20130723094716.jpg
絵馬は写真撮る前につるしてきちゃった。

おみくじは諏訪明神の母神が祀られているという糸魚川にちなんで翡翠入り。
自分が引いたのは、透明感のあるごくごく淡い緑色ので、
角度によって石の中に細かいキラキラが見える。
ものすごくきれいで、すっかりお気に入り。

カメラは、せっかく持って行ったんだけど、案の定狛犬君しか撮らなかった…
03_20130723094710.jpg

松本城の売店でおみやげ購入。
05_20130723094722.jpg
定番のくるみゆべしと、見た目で気に入っちゃった飴、
あとなぜか惹かれてしまった塩八種。

次回のお出かけは来月17日の予定。
また伏見稲荷へ行くのだ。
雨が降ったら中止だけどね。

ひとやすみ

明日、長野の諏訪神社へ行ってくる。

時間が取れるのが明日・明後日だけで、
なおかつ明後日の長野は曇りだとか。
というわけで、予報が晴れの明日お出かけ。

地元にも小さい諏訪神社があって、朝夕お参りしている。
竜の彫り物がたくさんあって、小規模ながら神獣・幻獣好きにはご機嫌な神社なのだ。
(ちなみに、少し離れたところのお稲荷さんにもほぼ毎日参拝)

諏訪明神の眷属は数種類いて、そのうちにきつねも含まれている。
御神渡りは先触れのきつねが走った跡という説もあるらしい。
ずいぶん元気に走るもんだ^^

神社遊びに行く時、あまりカメラは持っていかない。
伏見稲荷も手ぶらで行った。
というか、持って行っても撮るの忘れちゃうんだよなぁ。
その場にいるというだけでご機嫌になっちゃって、
記録を残そうとか記念写真をとか、そういう気分にあまりならないのだ。

仮にカメラを持って行っても、
たいてい狛犬やそれに類するご眷属を撮ってそれっきりだったり。

明日はどうしようかなぁ。
かっこいい狛犬君がいるといけないから、
一応持って行こうかな~

というわけで、作業はひとやすみ。

見た目はちょっと汚い

5 色をつける。
01_20130721053210.jpg

6 テープをはがす。
01_20130723172600.jpg

7 再びマスキング。
02_20130723172607.jpg

8 生地作り終了。
01_20130726053445.jpg



作業時間 3時間
累計作業時間 136時間20分


スポンジ、と思ったけど、
筆塗りでも特に問題はないらしいと聞いて、結局筆で。
この写真だけ見ると、全力で失敗しているかのような汚さだなぁ^^

アクリル絵具を水で薄めず、つや消しニスでのばして塗っている。
パレットの中の絵の具が乾いてきちゃったら、
ニスを少量追加で、またのばす。

途中からすこしきれいにできるようになってきけど、
写真上の方の数段は、要領を得ず塗りにムラがあったり…
そのまま使うのはちょっと…かも。 

慣れない作業で無駄が出てしまうのはしかたがないけど、
失敗して生地が足りなくなったら、
また同じ作業を一から繰り返すことになる。
あまり失敗したくないなぁ。

もっとも、今回切り出したのは上着の分だけだから、
どの道、えりまき用にもう一回やらなくちゃなんだけどね。

絵の具で若干固くなっている生地をえりまきに使って、
果たしてきれいに収まるかどうか…

収まらないだろうなぁ、というのがストレートな意見だけど、
他に打つ手もなし…

とりあえずやってみよう。

足りなかった

生地にマスキング。
02_20130719223313.jpg
途中でテープがなくなってしまった。
たぶん使いまわしできると思うから、それほど大問題ではないけど、
でも買い足しておかないとな。

テープといえば、
100円ショップで両面テープは簡単に見つかるのに、
マスキングテープは見つからない。
存在していないのか、探し方が悪いのか…

服作りによく使う接着剤も、100円ショップで買ってくる。
他のお店にも全く同じものが置かれているけど、値段は全然違ったり。
どこでどういう仕組みになってるんだろうなぁ。


この後はいよいよ色付けだけど、
ステンシルって、スポンジみたいのを使うらしい。
何か適当なものが見つかればいいけど、
なければ買い出しに行ける日まで、ちょっと選手はお休みかな。

時間があったら、プチの素体を量産しておこう。
いい針金が手に入ったし~

反省

仮縫い。
01_20130718221452.jpg
カフスのサイズ間違えたな…
それを除けば、あとは許容範囲。

白生地を市松模様にする準備に入る。
アイロンかけてぴんと伸ばした生地に、目安線を入れていく。
02_20130718221459.jpg
型紙を作ってステンシル、と思ったけど、
直線模様だし、マスキングで行くことにした。

生地用の塗料を使うのが一番なんだけど、
ほしい色がなさそうだから、アクリル絵の具で行く。

アクリル、厚塗りするとひび割れたり、
薄塗りでも乾燥後生地から剥離しちゃったりすることがある。
というわけで、その辺の予防に愛用のつや消しニスを混ぜ込む予定。

顔描きの際にも必ずこのニスを混ぜる。
目とか何重にも色を重ねるから、そうしないとひびが入ってしまうのだ。


依頼品制作とは関係のない話だけど、
水色の目のきつねさんを販売中止にした。

長時間箱に入れておいたため、ちょっぴり寝ぐせがついてしまったのだ…
で、ただ今修整中。
ある程度なおせると思うけど、熱を加えずにくせづけするのは時間がかかるし、
なんとなく、顔描き髪貼り済みのこの状態で外に出る気はなかったのかな、なんて気がしてきたり…

そんなわけで、寝ぐせがちゃんとなおるようだったら、
服込みで一体で仕上げようかと。
もともと服のデザインもある程度できてた子だしね。

でも、半完成品の保管には気を付けないと…
ちょっと反省。

氷の九尾 後側

氷の九尾、後側を描き描き。
03_20130717212729.jpg

正面を描くのに夢中になって、よく後側を忘れる。
いざ作る段になって、はてどう処理しよう、なんて手が止まることもしばしば。

靴のデザインも決めてみる(右端中ほど)。

あとプラ版で作る予定の装飾の形がまだしっかり決まらない。
装飾の取り付け方も…
あ、配色も…

配色、白とグレーがメインになるかなぁ。
ちょっとそのまますぎる気もするけど。

いつになくさくさくデザインの決まった氷の九尾だけど、
実際に作るのはいつの日か。

当分作れないなぁ、なんて思うと、
ふと、誰かが先に似たようなきつねさんを作っちゃったらどうしよう、
なんてわけの分からない心配をしちゃったり。

我ながら、ちょっと意味不明。
でも、ほんのちょっとでも気に入った下書きができると、
「作るのは自分だからね!」なんて宣言したい気分になっちゃうのだ。

やっぱり意味不明かも^^

カフスと格闘中

上着の仮縫い中。
01_20130717212716.jpg

カフスと格闘中。
02_20130717212722.jpg

教科書通りにやると、訳の分からない事態が発生したり…
本のタイトルに「簡単」とか「わかりやすい」とか書いてあっても、
本を書いてるのは裁縫大得意のプロの方だろうし、
普段作らない人がどこでつまずくかなんて、
もしかすると見えてないんじゃないかな、なんて思ったり。

自分の読解力がないだけかもしれないけど、
たいてい教科書一冊じゃことが足らず、
二、三冊広げて、ようやく理解できるようなありさま…

洋服は難しい。
自由に作れるようになれば、きっとご機嫌なんだろうけどね。

氷の九尾といろいろ

黒髪九尾はいまだ具体的なイメージが固まらず、
氷の九尾を少し煮詰める。
03_20130715221742.jpg
白い短髪にしてみようかと。
本当は、すが糸で使ってみたいきれいな色があるんだけど、
値段とか量を考えると、なかなか「よし、すが糸でやってみよう!」とはならず…

トヨカロンの色の数が増えるか、すが糸がもうちょっと身近になるかしないかなぁ。
いや、思い切ってすが糸を買ってみればいいんだけどね。
いろいろ悩む。

九尾、七頭身でもやってみたいんだけどなぁ。
自立は多分きつい。
おまけに作るなら35㎝ほどの予定。
真剣に置き場に困るサイズ。
プチなら、机の上にぽいっと置いておけるけどね。

氷の九尾で、プチと七頭身と作り比べてみようかな。
時間があればだけど。

感謝

上着

1 型紙を作る。
01_20130715220304.jpg

2 生地を切り出す。
01_20130717212716.jpg

3 仮縫い。
01_20130718221452.jpg

4 生地にマスキングする。
02_20130719223313.jpg


作業時間 4時間45分
類型作業時間 133時間20分

二体目の上着に着手。
ボリュームのある袖とかカフスとか…
どうすりゃいいんだ、な要素が目白押し。

相変わらず教科書とにらめっこ。
参考にできる資料があるだけありがたい。
完全自力じゃ、きっとお手上げだ。

でも、できないことをやっていると、やった分だけ造形の幅が広がる。
その点に関しては依頼人に感謝かな。

一期一会かもの布とお願い

ちょっぴり和風の生地を調達してきた。
01_20130714162333.jpg

買ったお店、いつでも同じものが並んでるわけじゃないから、
運が悪いと、二度と同じものは手に入らない。
おまけにハギレだから、失敗すると後がなくなる可能性も…

柄のスケールは、プチにも使えそうな感じ。
02_20130714162339.jpg

と、きつねさん用にはおいしい生地が手に入った一方、
選手の方はまずいことになってきている。

市松模様の生地を入手しなくちゃなんだけど、
具合のいいものが見つからない。

スケールが合わなかったり、
スケールがOKだと今度は質感が合わなかったり(縮緬とか…)、
あとは素材の都合でめちゃくちゃ高価だったり…

これは…恐怖のステンシルに手を出す羽目になるのか。
殺生丸の時、あんまりうまくいかなかったから、ちょっと苦手意識があるんだよなぁ

ちなみに前回の敗因は、型に厚みがあったため輪郭がきれいに出なかったのと、
ほんの少し薄めた塗料が、サテン生地に思いっきり滲んでしまったこと。

結局、型は素材を変えて作り直し。
塗料は滲み防止に原液のまま使用。
チューブ一本空にしてしまった。

まぁ、先日の白狐さん同様、
下調べもせずに「たぶんこうだろう」で進めてしまったのが、
一番問題だったんだけどね。

とりあえず、もう少し使えそうな生地を探してみて、
どうしてもなければステンシルで…


え~っと…探しているのは模様の一辺が1㎝前後(できれば以下)、
色は白とうすい灰色の市松模様。
生地はブロードかそれに類するもの(つやがなく薄い生地)。
03_20130714165319.jpg
もしどこかでそれっぽいものを見かけましたら、
ご一報いただけると、ものすごくうれしいです。

独断で…

22 改めて表から線を書き起こす。
01_20130713221528.jpg

23 ふちを描きこむ。
02_20130713221537.jpg

24 半球を接着。
01_20130714224604.jpg

25 上着終了。
02_20130714224610.jpg


作業時間 2時間
累計作業時間 128時間35分 


結局、ふちと装飾をつけることにした。

依頼人には確認していない。
今までの経緯から考えて、
聞いても「まかせる」か「適当でいい」しか返ってこない気がして…

クレームがついたら、無装飾に戻そうかと…
無装飾なら一日でできるから、修正は簡単。

その実、依頼人の意向をうかがうつもりでも、
言葉の端々に、「本当は装飾をつけたいんだけど」という自分の本音が出ちゃいそうで、
聞くに聞けなかったのだ。
変な聞き方をして、依頼人に遠慮させてしまったりしては本末転倒だし…

というわけで、現物を見て判断していただこうかと…


パーツにはパール半球をつけたいんだけど、
ちょうどいいサイズがあるかなぁ。
あるといいな。

九尾の服 悩み中

九尾、作るとしたらどんな風にしようか悩み中。
前回が白髪だったから、次は黒髪にしようかなぁと漠然と思ってたんだけど…

とりあえず適当に服を描き描き。
01_20130712210743.jpg
狐火っぽく炎を取り入れて…と思ってたんだけど、
描いててちょっと熱くなってきちゃって…

いっそ涼しく氷系とか…と方向転換してみた。
02_20130712210750.jpg
まだ細部は詰めてないし、
装飾部分、何を使ってどんなふうに作るか全然考えてないけど、
ちょっぴりクールダウン。

氷のきつねさんってありかなぁ。
やっぱり火の方がきつねさんらしい気も…

いずれにしても、氷のきつねさんに黒髪は合わないな。
黒髪にはまた別の服を考えなくちゃだ。

装飾がつけたい

18 装飾の型紙を作る。
01_20130711055220.jpg

19 合皮に型紙を写す。
02_20130711055227.jpg

20 切り出す。
03_20130711055234.jpg

21 透かし部分を切り抜く。
01_20130711220920.jpg


作業時間 1時間30分
類型作業時間 126時間35分

選手の服、どうやら2種類あるらしい。
それぞれ正面の装飾の様子が少し違う。

下に着ているものがよく見える写真をメイン資料にしてきたんだけど、
その服だと、これから作る装飾はビーズも縁取りもついていない。
ただの真っ黒で味気ない。

もう一方の服にならってビーズをつけてみたいけど、
そうすると、本物とは印象が異なってしまう。

味気ない真っ黒で進めるか、見栄え重視で本物にはないビーズを加えるか…
一度依頼人に確認しないとかなぁ。

その実、服がニ種類あるらしいというのは昨日になって初めて気づいた。
写真によって見た目が異なることは認識していたんだけど、
装飾が壊れたか何かで取れちゃったのかな、程度にしか思ってなかった。
が、下に着ているものの形状をよくよくたどると、明らかに完全別物で… 

たぶん、選手のファンである依頼人も、そこまでは把握してなかったんだろうな。
そうでなければ、完全に別物の資料をごっちゃにして渡すはずはないだろうし。

でも、なんで服が2種類もあるんだろう。
着替えや予備くらい普通にあるものかもしれないけど、
わざわざデザインを変えなくても…

ちなみに、装飾不要の真っ黒けでOKなら、
今日中に一体分の服作りが終了だな。

装飾、つけたいんだけどね…本音としては。

休みがほしいなぁ

作業停滞中。
原因は、ほぼ連日襲ってくる熱中症もどき。
日中の居場所がめちゃくちゃ暑くて、一日中頭が痛い。
水分はそれなりに取ってるつもりなんだけどなぁ…

頭痛持ちというわけじゃないから、いつでもそんななわけじゃないけど、
頭痛とあと冬の寒さは確実にやる気を奪う。

しばらくこんこん堂はお休みです、なんて言ってみたくなっちゃったり。

とりあえず今日は、水分量倍に増やして夜の作業に備えよう…



昨日から始まったきつねさんメインのイベント、
行けるとしたら13日か14日かなぁ、なんて思ってたら、
初日の昨日でもう完売多数だとか…

いろいろ壁があるから、絶対に行けるとは限らなかったけど、でも残念。
きつねさんとは縁がなかったらしい。

ネットは便利だけど

花びら終了。

02_20130708113029.jpg

01_20130708113023.jpg


本物とは、だいぶ配置が違ってたり。
仕方がないこととはいえ、ちょっと残念。

この後はこの服で最後の装飾作り。

もらった資料だと、真っ黒でよくわからない部分なんだけど、
以前、某イラストサイトでそのあたりが緻密に描かれたイラストを見かけたので、
それを参考にさせていただこうかと。

ネットではいろんな情報が拾える。
便利だなぁ、と思う反面、
通りすがりで必要な部分だけ利用させてもらうことに、ちょっと罪悪感も…

たまには逆に誰かの役に立てる情報を流せるといいんだけどね。

販売中止中だけど

熱中症、というほどじゃないと思うけど、
ちょっと暑さに負けてしまった。
というわけで、作業は一休み。

プチのキットでもご紹介。
素体も販売しているけど、自分で作りたい人もいるかな、と作ってみたもの。

以下写真はオクで使用していたもの。
01_20130707195431.jpg

02_20130707195438.jpg

コストダウンのため、作り方説明にはブログを使ったり…

ちなみに今は販売していない。
需要がなさそうというのもあるんだけど、
それに加えて、腕の接続に使う針金が硬くて丸めにくく、
初めて作る人に一発で成功させてください、というのはちょっとキツイかも、と…

先日、お店に少し柔らかそうな針金があったから、
それが使えるようなら、再販しようかなぁと検討中。

続きを読む

行きたくなるところ

選手の現状。
01_20130706210343.jpg

花びらが終わるまで、あと二日くらいかな。



きつねさん、ご無沙汰だなぁ、なんて考えてると、
ふとまた伏見稲荷へ行きたくなったり…

時々むしょうに行きたくなる神社がある。
妙義神社とか三峰山とか。
伏見稲荷も、そういう神社のひとつになっちゃったみたいだな。
どこも敷地内でぼけ~っとしてると、なんか気持ちいいのだ。
遠かったり交通の便が…だったりで、そうそう行けないけどね。

夏の京都は、暑いかなぁ…


☆お礼☆
拍手コメントありがとうございます!

ちりめん、不思議な布です。
縦横で伸びが違ったり、水をかけると縮んでしまったり…
いや、単なる知識不足なんですけどね^^
でも、接着芯を貼ってしまったら、
あのぷっくり感は出なかったかなぁ、という気も。

作業時間は…
半ば予想はしていたものの、実際に記録として残してみると、
何ともかんともな気分です^^
がんばって早めの終了を目指します!

言い分け用の白狐さん

実際に伏見稲荷に行くよりずっと前、
ある本で紹介されていた、ちりめん白狐さんのお守りにものすごく惹かれたことがある。

ほしいなぁ、と思ったんだけど、入手はかなり困難。

伏見稲荷は遠い、とかそういうレベルの話じゃなく、
工作屋の身内は、手作り品(?)に厳しいのだ。

入手したが最後、絶対言われるであろう一言。
「それくらい自分で作れ」

かくなるうえは、その気になれば作れるけど、
それでもこれがほしかったんだ、と言い切るために、事前にいっちょ作っておこう…
と作ったのがこれ。

02_20130703223840.jpg

03_20130703223847.jpg

お目当てのお守りがちりめんだから、という理由でちりめんを調達したものの、
ちりめん及びお細工物の知識は皆無。

ちりめんの縦と横とで伸びが違うことも知らず、適当に作ったら、
胴体と後ろ足の先がやたら伸びちゃったり…

後で聞いたら、この手のものは接着芯なり和紙を貼ってから作るのだそうだ…
ま、普通は事前に調べて作るんだろうけどね。

本当は右前足を宝珠の上に置くポーズにしたかったんだけど、
胴体が伸びちゃったおかげで、もはや招き猫状態。

予定が狂ってちょっぴり自棄になっちゃって、
ひげとか模様とかぐいぐい描きこんじゃったり。

そんなこんなで、制作物としてはかなり粗い。
粗いけど、なんかこれで気が済んじゃって、
お守りのことはその後さっぱり忘れてしまったり。

逆にこれを作ってなかったら、
もっと早い時期に伏見稲荷へ行っていたかもな…

どっちがいいのかわからないけどね。

装飾作り続行中

16 装飾。 
01_20130703223834.jpg

17 装飾終了。
02_20130708113029.jpg

01_20130708113023.jpg


作業時間 6時間30分 
累計作業時間 125時間5分


装飾作り、やっているうちに手が慣れてペースアップできるかと思いきや、
ウソのようにきっちり15分ずつかかる…

次に写真を追加するのは、花びらが全部つけ終わってからかな。

今後の予定(未定だけど)

装飾作り続行中。

作業時間 1時間20分
累計作業時間 119時間 55分


きつねさんメインのイベント(?)があるらしい。
いろんな作り手さんの作品が見られそう。
いろいろ壁があるから、行けるかどうかはわからないけど、
でも、行けたらいいなぁ。

イベントに向けて、いろんな人がせっせときつね作りしてるんだろうなぁ、と思ったら、
なんか、ちょっと寂しくなったりも…

ま、ものには順番というものがあるんだから仕方がない。


順番といえば、選手の後どうしようかなぁ。
やりたい事とやったほうがいい事といろいろいろいろで…

とりあえず半端になっているのが、犬夜叉と水色の目のきつねさん。
きつねさんの方は、途中で気に入ってくれる人がいればさよならするかもしれないけど、
犬夜叉は仕上げないと…
発起人にはすでに忘れ去られてる可能性もあるけど^^

たまにはオクへ顔描き・髪貼り済みも出したいし、
というか、型紙を作ったきり、まだ出番のないワンコ用のたれ耳を使ってみたい。
五頭身と七頭身の素体も作りたい。

その他カラス天狗とか三太子とか…


選手が終わったら、プチのリクエスト受付も再開予定。
リクエストが入ればそっちを優先で。
入らなければ、犬夜叉からかなぁ。

その後は、また後で考えよう。

15分×33個

12 パーツを切り出し、中を切り抜く。
01_20130702070020.jpg

13 パーツをサテン生地に接着
02_20130702070030.jpg

14 サテンの周囲をカットし、生地の色が目立たないよう、ふちをマジックで塗る。
03_20130702070038.jpg

15 できたパーツを上着に接着。
04_20130702070053.jpg
以下同じ手順を繰り返す。

作業時間 1時間15分
累計作業時間 118時間35分


装飾、一パーツ処理するのに15分かかっている。
慣れてくれば、もう少しペースが上がるかもしれないけど、
全33パーツ終わらすには、単純計算で8時間ほど…
一週間くらいかかるわけか…
気が遠くなってきた。


ちょっぴり面倒な作業だけど、
でも、仕上がりはステンドグラスみたいで面白い。
プチの装飾にも取り入れてみようかな。
プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク