フィギュアスケートとこんこん堂の危機

フィギュアの某選手を作ってくれとの依頼が来た。
知人からなんだけど、たぶん断ることになるかなぁ…

プチではなくQ版で合計7体くらいほしいと。
今のペースだと、たぶん一年はかかる。

こんこん堂なのにきつねさんが作れなくなるのはちょっとなぁ…

おまけにありえないほど値切られてしまった。
素体だけでプチの三倍時間のかかるQ版を、プチより安く作れと…

押し切られていったん引き受けてしまったけど、
どう考えても無理だ。

現状、趣味か仕事か微妙なところだから、
値切られても強く出られないんだけど、
それでも買い叩かれるのは切ない。

断ろう。
一年もきつねさん無しなんて絶対無理。
スポンサーサイト

犬耳できた

犬夜叉の耳作り。

まずは型紙から。
頭部に紙をあてて、切ったり折ったり微調整しながら形を決めていく。
今回は比較的短時間でできた。
黄色で囲んだのが最終形。
場合によっては粘土を使って型紙を作ったりすることも…

生地を切り出す。
耳の内側のパーツ、間違えて右用を二個作っちゃった。

縫いしろを処理。
相変わらず接着剤で…

内側と外側を貼り合せる。
きつねさんの耳と比べるとかなり小さい。

頭部に仮止めして様子を見る。
小さいから、なんか不思議な感じ。
今回は耳の内側まで髪を貼らなくちゃかなぁ。
ボリューム調整に…

このあとは髪貼りの準備に入る。

めっちゃくちゃやりにくい

犬夜叉、素体は作り置きのを使うから、顔描きからスタート。

目の位置を決める。
めやすを使っても、たまにずれるけど…
めやすの帯を使ってまず目頭の位置を決め、そこから下書きをする。

顔描き終了。
一応描いたけど…
途中経過がぬけてるのは、
あまりのやりにくさに写真なんて撮ってられなかったから。

とにかくやりにくい。
自分の描き癖を抑えて人様の造形をなぞるのも大変だけど、
それに加えて、ちびっ子にするか成人キャラのデフォルメにするかでも迷走。
キャラの見た目年齢のせいもあって、どっちにしても半端な印象になってしまう。

アニメや漫画の二次って大変。
元ネタにそっくりなのがいいのか、
多少なりとも自分の味を加味するのがいいのか、よくわからないし、
仮にそっくりにしようとしたって、描き癖の問題で絶対そっくりにはならないし…
加えて、特に目の印象が固定されてしまっているから、
そこからずれると一気ににせものっぽい雰囲気になってしまう。

元ネタに詳しければ、「ここはこうにしたい!」という感じで方向性も定めやすいけど、
それすらないから、全力で迷走しちゃいそう。

きちんとした依頼品でないのがせめてもの救いだけど、大丈夫かなぁ。

とりあえず、次は耳の型紙作り。


☆お礼☆
拍手コメントありがとうございます!
造形的にはものすごく魅力的なキャラですよね~
実は前に殺生丸も頼まれて作ってたり…
七宝を作ったら合いそうとか言われたことも。
意識してるわけではないですけど、雰囲気が近いのかもしれないですね^^

造形チェック 耳か髪か

犬夜叉に着手。
いい具合に正面顔の資料が見つかった。
いい資料発見。
造形チェックに入る。
デザイン化された髪をそのまま再現するのは無理だから、
できる範囲でなるべく近い印象になるよう、貼り方を考える。

耳の位置と角度がかなり問題。
そのまま再現すると、髪の流れが不自然になる。
不自然になるけど、かといって耳をいじったら別人になっちゃうだろうし、
髪に犠牲になってもらうしかないかな。

服は苦戦しそうな予感。
実在(?)するものを作るのは苦手。
自分の服作りは基礎もなにもあったもんじゃないからなぁ。
さてどうなるか。


☆お礼☆
拍手コメントの方々、ありがとうございます!
そんな細かいところまで見ていただいて恐縮です^^
布目が気にならないのは、バイアスと接着剤のおかげかな、なんて思ってます。
普通に縫うと、どうしても服のサイズに対して縫い目が大きく見えちゃいますよね。
バイアス多用は布袋戯の影響なのですが、
きれいに仕上がるので、お気に入りの処理法だったりします^^

☆こんこんさま 破邪☆ 販売中です

厄を払う破邪のきつねさんです。

販売価格 15000円

ご注文が入りましたため、
以後☆こんこんさま破邪☆のご希望があった場合は、再制作にて対応いたします。
再制作の場合、手仕事のためまるっきり同じ物を作ることは出来ません。
「同じ服を着た似た雰囲気の子」となりますのでご了承ください。


きつねさん

・身長耳まで入れて約17cm(漫画本より少し小さいくらいです)。
・手足は付け根から動かせます。
・頭部は向きと角度を自由に変えられます。
・髪色は黒をメインに一部ワインレッドを混ぜてます。

きつねさん

・手仕事ですので、多少のズレ・歪みはお許しください。
・服はイメージで作ってます。
・和裁洋裁のルールには目をつぶって雰囲気でお楽しみいただければ幸いです。
・服の仕上げには接着剤を使用しています。
・ごくごくわずかですが、接着剤のはみ出し・染み出しが見られます。
・ご了承ください。

きつねさん

・ご入金にはゆうちょ銀行・ジャパンネットバンクがご利用いただけます。

・発送はゆうパックを予定しています。
・こちらからご購入の場合、オークションの手数料が浮きますので、送料無料でお届けします。

・ご購入後希望の場合、
・こちらの記事のコメント欄かzhongkuijp@yahoo.co.jpまでご連絡ください。
・コメント欄からお問い合わせの場合、
・お手数ですがお名前とメアドを添えていただきますよう、よろしくお願いします。

・造形や配色・デザインを変えての再制作もいたしますので、
・ご希望がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

破邪のきつねさん ようやく完成

靴の続き。

最終的な靴底を縫い付ける。
一番好きな作業だったりする。

靴底に帯を巻く。
これをやると、一気に布袋戯風の靴になる。

装飾をつけて、靴終了。
装飾はちょっと予定変更した。

写真は撮り忘れたけど、しっぽもつけて破邪のきつねさん終了。
きつねさん

このあと、一週間くらいここで気に入ってくれる人を探して、
誰もいなければオークションへ。
けっこう気に入ってしまってるから、家に残ってもらってもいいんだけどね。


きつねさんが終わったので、次は犬夜叉の予定。
きっちり依頼やリクエストをいただいたわけじゃないんだけど、
「できる?」と言われると、試してみたくなってしまうのが工作屋のさがで…
とりあえず、頭だけ作ればいいのかな。
そのキャラにそんなに詳しいわけじゃないから、資料探しからだな。

靴作り真っ最中

くつのメイン部分に装飾の帯をつける。
帯、使い切っちゃった…

履き口にバイアスをつける。
今回はこれが最後のバイアス付け。

最終的な靴底を生地でくるんでおく。
帯やバイアスと同色で。

メイン部分を仮の靴底に接着。
ようやく靴らしくなった。

このあとは、最終的な靴底を縫い付けて、
靴底周囲に帯を巻いて、装飾をつければ完成。


☆お礼☆
拍手コメントありがとうございます!
コメントに加えて、個人的な喜びに共感してもらえたことがものすごく嬉しいです!

本当に嬉しくて、毎日覗きに行っちゃってます。
時間が開きすぎちゃってて、コメントをする勇気はないですが、
見られるだけでもご機嫌です!
好きなものがあるって、本当に幸せです。

最後のパーツ靴に着手

靴に着手。
まず厚紙で靴底を作り、メイン部分に貼る接着芯を切り出す。
接着芯と厚紙。

生地に接着芯を貼り、型紙を写して切り出す。
ついでに靴底に使う生地も用意。
色合いは上着とそろえる。

装飾の帯をつける位置を決める。
針で穴を開けておく。

明後日までには仕上がるかな。

きつねさん、誰か気に入ってくれる人がいるといいな。

狐さんを再発見!

もうだいぶ前、YAHOOブログに大好きな狐さんがいた。
毎日写真を覗きに行っちゃうくらい好きだったんだけど、
ある日ブログが閉鎖になってしまい、それっきり遊びに行けなくなってしまった。

当時リンクを貼らせてもらってて、
もうそこをクリックしてもエラー画面しか出ないことはわかってるんだけど、
それでももったいなくて、わけありで元のブログを白紙化するまで、そのままにしていた。

以後数年、もう会えないもとの思ってあきらめていたんだけど、
先日、思い立って狐さんの名前で画像検索してみたら、
意外にもたくさん見つかって…

自分があきらめきっているうちに、ブログも再開されていたらしい!

以前、コメントをもらってものすごく嬉しかったのを思い出し、
一言挨拶でも…と思ったけど、
こっちから見て「お久しぶりです!」でも、
狐さんにとっては、いまさら「誰?」だろうし…

でも、またブログを見られるだけでも、本当に嬉しい。
また覗かせていただこうっと!

靴ができれば完成

腰周りが少しさびしいから帯を追加することに。

型紙。
ただの長方形
このあと写真を撮るのを忘れて作業続行してしまった…

できた帯を巻いて、前掛けにも金属パーツを追加。
帯といっても側面までしかない帯モドキ。

三日月の前飾り。
ようやく三日月様の出番。
一見首飾りだけど、首にかけてるわけではなく、
上着の肩の辺に取り付けている。

袖の帯には金色のわっかをつける。
本当は大き目のビーズをつける予定だったけど、わっかに変更。

そういえば全身が見える写真を撮らなかったな。
ここまで出来上がってくると、あまり写真を撮りたくなかったりする。

理由は、一言で言うならうまく撮れないから。
肉眼では普通に見えるのに、
写真に撮るとやたら頭部が大きく見えたりするのだ。

被写体から少し離れたところから撮ると、ほぼ見たままの印象に撮れるんだけど、
作業場ではあまり距離が取れないし…

写真も難しい。


このあとは靴ができれば完成。

イメチェンの甲斐もなく・・・

肩の装飾作り。

まずは型紙。
型紙完成。

メインで使う生地に接着芯を貼り、バイアスも準備。
バイアスはほつれやすいサテン生地…

バイアスを縫いつけ。
バイアスちまちま。

ほつれやすい生地のせいで、裏側はちょっといまいち。

上着に接着。
肩の装飾終了。
この手の装飾をつけると、腕の可動範囲が狭まる。
ついでに髪の流し方もある程度限定されてしまう。
しまうんだけど、つけたくなっちゃうんだよなぁ。


色によるイメチェンを狙った甲斐もなく、
どう見ても「武」のきつねさんになってしまった気が…
「文」のつもりでいたから手甲もつけなかったけど、
もういいや、破邪のきつねさんで。
目を開けたら、意外と物騒なやつだったりするのかもしれない。

たまにはアップで…
たまにはアップで…

この後は様子を見ながら装飾を追加していく。
で、最後にくつを作って終了かな。
さてどれくらいかかることか…

過去から現在まで

布袋戯にはまったのが八年前。
Q版ほしさに自作し始めたのが七年前。
最初はおよその型紙を借りて布製で。
狂刀

金小開

次はどうせならと粘土で木偶に挑戦。
銀狐 
木偶の造形をなぞるのはけっこう大変だった。
銀狐 2

その前にフィギュアでも作ってたな。
あまりの出来の悪さに完成はさせなかったけど。

木偶を経て再び布へ。
およその型紙を使うと、
どうしても「ここがこうだったらもっと好みなのに」というところが出てくる。
たとえば、型紙は四頭身だけど三頭身のほうが好き、とか。

で、およそを参考にしつつ、型紙から自作し始めたのが五年前。
当然ながら、最初はめちゃくちゃだった。
いや、作ってる最中は必死だから気づかないんだけど、
制作順に並べてみると、改めてそれを実感する。

身長は本物のQ版に近づけて約30cm。 
兵燹

金小開 2

葉小釵

雪飄染

螣邪郎

ちなみに、プチを始めたのは去年から。
これからはプチがメインかなぁ、と思うけど、
プチで布袋戯の二次はきつい…
絶対細部が作りこめない。
30cmでもパーツ同士がぎゅうぎゅうだし(最後の写真の螣邪郎とか)。
やっぱり成人キャラは高等身で作るべきか。

どの道、こんこん堂できつねさんをやってると、
なかなか完全自分用までは手が回らないけど、
時間があったら、作りかけの小開とか、また進めて行きたいな。

印象がダークになってきちゃったので

今回のきつねっこ、
文武どちらかというと文のイメージで作ってたんだけど、
上着の色のせいか、その気になれば立ち回りもやっちゃいそうな雰囲気に…
少し印象を変えようと、前掛けと肩の装飾は白にすることにした。
まぁ、文武両道でもいいけどね。

現状。
前掛けが出来た。
相変わらずカメラの電池が未調達。
明後日には買えると思う。

…バイアスの生地、足りるかな。
ちょっと心配になった。
たぶん大丈夫だと思うけど…

まだ途中だけど今後の予定

きつねさんの現状。
上着、一段落。
完成まではまだまだ時間がかかる。


きつねさん、完成後はオークションへ出す前に、一旦ここで販売予定。
価格は…

なんか、生々しくなりそうだから、明記は控える。

値段を決めるのって難しい。
作り手として「これくらいは」と思う額が、
果たして適正なのかどうなのか判断のしようもないから。

かといって、売れればよしと二束三文で出すのも非常に切ないし…
まぁ、オークションの場合、そうせざるを得ないことが多いけど…

本当に難しい。

制作の原点と基準

袖に装飾の帯をつける。
ちまちま接着

この後は上着の下につける装飾を作る。
ただいま型紙作り真っ最中。


人間用であれ人形用であれ、洋服を作る人から見たら、
自分のやり方は、作り方もデザインも支離滅裂に見えるんじゃないかな、と思う。

工作屋である前に布袋戯ファンだから、
「布袋戯なら、こんなのもありなんじゃないかな」という考え方で作っている。

布袋戯って、ありえない髪型とか、構造的に絶対着られない服とか、
そういうものがたくさんある。

早い話、現実味よりデザイン重視の世界。

始めのうちこそ「この髪型って…」とか首をひねったりもしたけど、
最終的には「カッコ良ければそれでよし」で落ち着いてしまった。

でも、布袋戯がなければ針と糸にチャレンジすることもなかったし、
自分にとっては制作の原点であり、すべてにおける基準でもあり、
大事で大好きなものなのだ。

まぁ、稲荷狐を作るのに服が布袋戯風というのは果たして…とか、
時々思わなくもないけど。

必需品未調達

上着のメイン部分が終了。
先は長いけど、とりあえず一段落。

途中経過が抜けてるのは、デジカメの電池が切れたせい。
ちなみに今日になっても電池は未調達。
上の写真は携帯で撮ったけど、携帯で撮るのはあんまり好きじゃない。
どうもきれいに撮れないのだ。

このあとは袖に装飾の帯をつける。


☆お礼☆
拍手コメントありがとうございます!
「自分で選んだ服を着ている感じ」うれしいお言葉です。
頭部の造形・服のデザイン込みで、
一人(一匹?)のキャラクターとして成立するといいなぁ、と思って作ってます。
なので、他の子と服を取り替えると、半端じゃない違和感があったりもします。
取り替えて楽しめるデザインや色の服も作れるといいんですけどね。

幻の造形

リクエスト受付ページに、今までに作ったものの大半をのせてるけど。
のせてないものもいくつかある。

たとえばこのきつねさんとか…
03_20130209220222.jpg

01_20130209220233.jpg

02_20130209220243.jpg

なぜのせないかというと、
この造形でリクエストいただいても、作るに作れないから。

髪のバサバサした感じが自分でも気に入っていて、
似たような感じのものを作ろうと何度もしてるんだけど、
何が違うのか、似て非なるものが出来上がる。
再現不可物件なのだ。
自分で作ったはずなのに、なんだか変だけど。

ちなみにこのきつねさん、
実はプロフィール画像の九尾と対になるはずだった子なのだ。
開運・招福の一対で作ろうとしたんだけど、
顔描きが終わったら、開運招福どころか、どう見ても化け狐二匹…
やむを得ず予定変更して、一匹は九尾の妖狐に、
もう一匹は野良狐という設定で進めたのがこれ。

オークションにしばらく出していたけど、
結局、造形資料として手元に残す事に…
手放しちゃったら、再現の手がかりもなくなっちゃうしね。
しばらくしたら、また再チャレンジしよう。

100%お勧め!ではないけど・・・

袖とわきを縫う。
先日から似たような写真ばっかり・・・

縫い代は接着剤で処理。
裁縫なのか工作なのか…

接着剤、つけたところは少し硬くなってしまうから、
布らしい柔らかさを活かしたい場合には不向き。
でも、それこそフィギュアっぽくパリッと仕上げたい時にはいい感じ。
「服作り」としてそれでいいのかどうかというと、またややこしい話になりそうだけどね。
でも便利。

リンクのお知らせ

☆お知らせ☆
*asuka*さんのブログ「ケモギャル」をリンクに追加させていただきました。
擬人化した動物の女の子がたくさんいます!
みんなふわふわふさふさで可愛く、
基本男の子オンリーの自分には、とても新鮮で魅力的なサイトさんです!

ネットを通じてのご縁に感謝です。

手順間違えた…

襟を縫い付ける。
パーツが小さいから、ほつれてきそうでちょっと怖い。

時々、なぜか身ごろと襟とでズレが出る。
黄色の矢印が襟、水色の矢印が身ごろ。
物が小さいから、どこかに出る小さなずれが溜まり溜まってこうなっちゃうのかも…
こういう時は、そのまま余ってる襟のほうをカットしてしまう。
というか、他に手がないしね。

襟にバイアスをつけて…と思ったんだけど、
せっかくつけたんだけど・・・
今回、デザインの都合でまだバイアスはつけられないのでした。
仕方がないから、いったんほどく。
手順の確認が不十分だったな。

ということで、バイアスを後回しにして袖をつける。
袖がつくと一段落。
この後、袖の残りの部分と脇を縫って、裾をつけて、バイアスつけて…
あと一週間くらい軽くかかりそうだなぁ。

カテゴリー移動

ブログ村に神獣・幻獣のカテゴリーができたので、そっちへ移動。

できたので、といっても申請したの自分なんだけどね。
「狐・稲荷狐」か少し幅を広げて「神獣・幻獣」とお願いしてみたところ、
後者が通ったみたい。

当然ながら、今のところ登録者は自分しかいないけど、そのうち増えるといいな。
ずっと一人だったら寂しすぎるけど…


今まで「手作り人形」「創作人形」「ドール」で登録してたんだけど、
移動にあたりどこと入れ替えるか、ちょっと悩んだ。
コレクターの中に作り手が混ざって微妙に浮いてた「ドール」と思ったんだけど、
結局「創作」と交換。
「創作」と「手作り」って、両方登録している人も多いみたいだから、
片方残しておけば、およそを訪問するにもそれほど支障はないかなぁ、と。

もっとも、気が変わればまた変更するかもしれないけど。

三日月さま終了

今回のきつねっこ、
一体で仕上げるなら、絶対三日月モチーフで固めようと思ってたけど、
今のところ順調に三日月さま増殖中。
金属パーツも良いのが手に入ったし…

装飾の三日月もバイアス付け終了。
先を尖らせるため、一部切りっ放し。

上着の裾に接着。
厚みがあるから、ちょっとゴロゴロ・・・
最終的には、小さい三日月のバイアスの外側ぎりぎりに裾のバイアスが着く予定。

ちょっと並べてみたり。
完成まではまだまだかかりそう。
次は襟の縫いつけかな。

再チャレンジ

装飾の再チャレンジ。
生地に厚手の接着芯を貼る。
薄手と迷ったけど、最終的には厚手で。

切り出し。
かなりしっかりしてる。

バイアスの縫いつけ。
今度はいい感じかも。
ものが小さい上にカーブがきついから、補助で接着剤も使う。

まだパーツの片側にしかつけてないけど、これならそう悪くないかな。
厄介な内側が終わって、ちょっと一息。

昨日のうちに更新しようと思ったけど、なぜか管理画面に入れなかった。
およその閲覧は普通に出来たのになぁ…


☆お礼☆
コメントありがとうございます。
そんな風に思って見てくれている人がいると思うと、
それだけで制作の励みになります!
ありがとうございます!

完璧かも

袖に使うバイアス、他より少し幅広にしたくて作り足す。
仕上がり幅6㎜の予定
上が前に作っておいたもので、下が作り足したもの。

袖にバイアスを縫いつける。
ひたすら縫う

後で装飾の帯を差し込めるように、一部縫わずにあけておく。
ちょっと見えにくいけど、矢印のところ

縫い終わったら、あとは接着剤の出番。
接着剤が染み出さないよう気をつけて…

袖のバイアス付け終了。
もうちょっと幅広のバイアスでもよかったかな

続けて三日月形の装飾にもバイアスをつける。
小さくてやりにくい…

縫い終わったら、生地がよれよれ…
使って使えなくはないんだけどね…
接着芯を貼って再チャレンジかな。
それでもダメだったら、サイズを少し大きくしよう。

金属製の三日月パーツを探していたところ、いいものを発見!
サイズといい形状といい、本当にいい感じ
ここまで理想に近いものが見つかるのも珍しい。
完璧かも。

狐好きさんはどこへ行った

先日のコメントをきっかけに、
きつねさんを作っている以上、自分と同じくきつねを好きな人にも見てもらいたい。
で、「やっぱりきつねっていいよね!」なんて思ってもらえたら、めちゃくちゃ最高!
と思ったものの、
気づけば周りにきつね好きがいない…

いなければ探しに行こう、と「きつね」で検索したら、
きつね好きさんの同盟やサーチを発見。
よし!と乗り込んだものの…
そこで目の当たりにした現実は、
登録されているサイトの実に九割以上が閉鎖か行方不明というもの…

みんな、どこ行っちゃったんだ。

いや、幸いお邪魔できたサイトさんでは、
しっかりきつねさんを堪能させてもらったけどね。

ブログ村できつねさんのカテゴリーがあるといいんだけどなぁ。
01_20130202214857.jpg
プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク