リクエスト ☆黒髪・猫耳の子☆

リクエストいただいた子が仕上がりました。

☆リクエスト内容☆
・顔立ち こんこんさま避邪
・目の色 黒(ご了承いただいた上でグレーに変更させていただきました)
・前髪  九尾(三つ編みなし)
・後ろ髪 一部束ねて、長さは背中まで
・その他 猫耳(内側はピンク)・猫しっぽつき

02_20121231213611.jpg

03_20121231213617.jpg

04_20121231213623.jpg

猫しっぽは、つける位置を選べるよう、別添えになります。
スポンサーサイト

問題点

プチフィギュアのリクエストをいただいたので、小開はしばらくお休み。

始めていただいたリクエストで、ちゃんとご要望に合うものが作れるかどうか、
ちょっとドキドキだったり…

制作過程は一応非公開かな。
公開・非公開の可否を伺ってないことに加えて、
髪貼り途中の状態とか見せて、幻滅させてしまっても申し訳ないし…


それはさておき、今回リクエストいただいて、
改めてリクエスト受付画面(?)の問題点に気づかされたり。

まず、コメント欄からの問い合わせというのは、非常にしにくいかも。
そこから入るにしても、結局、細部を詰めるための相談はメールでということになってくる。
最初から、問い合わせはメールで、としたほうがいいのかも。

それと、参考にとハンクラサイトへリンクを貼ってるけど、
そこへの出入りで手間を取らせてしまう。
またクラフターズのほうは、作品一覧が画像ではなく文字情報だから、はっきり言って見づらい。
参考画像もこっちにまとめておいたほうがいいかも。
ついでに髪の色見本も…

というわけで、これから少しずつ手直ししていこうかと…
ま、急ぐに急げないのでのんびりと…

オークション出品中

一体仕上がったので、こちらに出品しました。

01_20121223182332.jpg

02_20121223182339.jpg

顔描き・髪貼り済みプチフィギュア ☆きつねさん 黒☆
・身長耳まで入れて約17cm。
・手足、頭部可動。
・しっぽと服の型紙つき。
・開始価格3000円。

ちょっと気に入っちゃったので、
自動再出品三回で入札がなければ、当方で一体で仕上げる予定です。

クセづけ

熱を加えて髪を落ち着かせる。
01_20121219215659.jpg
といっても、この写真だけじゃ、あんまり変って見えないかな。

クセづけは数回に分けて行う。
全部貼り終ってから一度に片付けたほうが…と思われそうだけど、
そこには大きな落とし穴がある。

貼り重ねた髪に熱を加えようとしても、
暖まるのは表面近くの髪だけで、下層の髪まではなかなか熱が伝わらない。
もちろん、長時間加熱すれば、やがては下の方まで温まるけど、
ヘタすると、その間に表面の髪が加熱しすぎで傷んでしまう。
その辺を調整するには、少量ずつ加熱するのがベストなのだ。
自分の場合、基本的には自作みの二重、多くても三重までで過熱することにしている。

遅くともあと二、三日中に髪貼りを終らせたいな。
月曜には出品したい。

髪貼り中

きつねっこの髪貼り。

まずはみの作り。
01_20121218221708.jpg
メインは黒だけど、一部ワインレッドを混ぜる。

頭部に目安線を書き込む。
02_20121218221720.jpg
今回はシンプルな長髪の予定。

髪貼り中。
03_20121218221727.jpg
ここで一旦熱を加えなくちゃだけど、今日はここまで。

次のきつねさん

小開が思いっきり途中だけど、
プチフィギュアを一体補充(?)でつくる。
黒髪できつねっこの予定。

顔描き。
01_20121217224726.jpg

耳としっぽ。
02_20121217224735.jpg

来週には出品したいけど、どうなるかなぁ。
まとまった作業時間が取れるといいんだけど…

掲載されました

しばらく前に作った九尾。
01_20121216202207.jpg
全身写真を雑誌に投稿していたんだけど、新刊に掲載されてて、ちょっと嬉しかったり。
ページの端っこに小さくだけどね。

作っている以上、誰かに見てもらいたいという思いは常にどこかにある。
見てもらってどうするのか、なんてことはあまり深く考えてないけど、
見てくれた誰かに、一言「いいね」なんて言ってもらえたら、
それだけで、また作りたくなってしまうのだ。
つまり、見てもらうことが制作の原動力になってるのかな。

あんな端っこじゃ、誰の目にも触れないかもしれないけど、
でも、他の多くの写真と一緒に載せてもらえただけでも十分嬉しいかな。

生地

小開に使う生地を調達。
05_20121215212616.jpg
旧いキャラの服はこの手の生地が多い。
柄物と違って入手は簡単だけど、
模様のスケールは曲者。

本物のQ版の小開の服生地はこう。
06_20121215212622.jpg

ちなみに黒白郎君
07_20121215212629.jpg
小開より模様が細かい。

買ってきた生地の模様のスケールは黒白郎君のほうに近い。
近いけど、Q版とハーフサイズの差はこう。
08.jpg
違和感なく使えるかなぁ…

ごめんなさい

いちいち言い訳するのもどうかと思うけど…

記事に写真を載せる際、どこかで何か間違ってしまうらしく、
気づくと過去記事の写真が全然関係ない写真と入れ替わってたり…

他から写真を持ってこられる場合は修正するんだけど、
そのままになっちゃってたり、
場合によっては入れ替わってしまった写真ごと、記事の一部を削除しちゃったりしてます。

というわけで、いろんな意味で流動的なブログになっちゃってます。
ゴメンナサイ…

ちょっと嬉しいこと

もうだいぶ前に、某コンテストにQ版を出品した。
主催者側の趣味や意図に合わなかったらしく、
「完成度は高い」とコメントをいただきつつ、見事落選。

周りからも、人形を好きな人に受け入れられたければ、ちゃんと洋服で女の子を作れと言われる。
男の子や布袋戯風の造型は、そうそう受け入れられないと。

そういうものなんだろうなぁ、と思い、
なんとなく居場所のなさを感じつつ、それでも好き勝手作ってきたけど、
今日、オークションのほうで嬉しいお言葉を頂戴して、
こういうのでも認めてくれる人がいるんだ、となんだかホッとしたり…

需要の有無とか考えて、落ち込むこともあったけど、
長い間気にとめてくれていた人がいると思うと、また作ろう、と思える。

作り続けててよかったな。

髪貼り

小開の髪貼りに着手。

髪貼りの道具・素材一式(ハサミが抜けてるけど…)
01_20121210192945.jpg
右側は見にくいけど髪束。
1mの素材毛を買って、それを半分にカットして使っている。
自分の場合、出来合いのみのは使わない。
頭部のサイズの都合で使いにくいというのもあるけど、
それより何より短い毛の処理が面倒で…

目盛り付きの下敷きは、みのを作る時に使う。
メージャーは髪の長さを決めるのに使い、クシは絡んだ髪をほどくのに使う。
小皿はボンドを出すのに使う。
スパチュラは作業必需品。
これがないと話にならない。

みのを作る。
02_20121210192951.jpg
短髪は7㎝、長髪は12cmで作る。
下敷きの横幅いっぱいに二段みのを作ると、だいたい一人前になる。

みののボンドの乾燥待ちに、頭部に髪貼りの目安線を入れる。
03_20121210193029.jpg

後から貼っていく。
04_20121210193053.jpg

耳の上を処理。
05_20121210193103.jpg

続けて生え際。
06_20121210193108.jpg
ここで一旦クセづけしないとかな。
でも、次に作業できるのはいつの日か…

ズボン

髪がまだ乾かないから、先にズボンに着手。

型紙を写す。
01_20121204193546.jpg

縫いしろを処理。
02_20121204193552.jpg
直線や、縫い合わせの必要のない箇所は接着剤で処理。
このサイズだと、縫い目がけっこう目立つから、
接着剤で処理するほうがきれいだし、速く仕上がる。

はかせた状態でわきを縫い閉じ。
03_20121204193557.jpg

腰周りには綿を巻いておく。
04_20121204193604.jpg
なくても特に問題ないけど、
こうするとお尻の周りにボリュームが出せる上、足の動きすぎも押さえられる。
自立補助の意味もあったり…

裾を引き絞っておく。
05_20121204193613.jpg
長靴の予定なので、裾が邪魔にならないように…

ズボン終了。
06_20121204193626.jpg
作るキャラによっては、ズボンの前に靴下を作るけど、今回は長靴。
作っても100%見えなくなってしまうので靴下はなし。

靴の型紙を作ってみる。
07.jpg
これから延々と仮縫い・型紙調整を繰り返すことになる。
といっても、次に作業できるのは、たぶん翌週の月曜。
ま、のんびりやるさ。



プチフィギュアのリクエスト受付を始めた。

顔描き・髪貼り済みプチフィギュアは、「作品」というより「素材」という感覚で出している。
手に取ってくれた人がイメージを膨らませて、好きなように仕上げて楽しんでくれたらいいな、と。

でも、自分の好みだけで作って出していると、
中には「ここがこうだったらもっと好みなのに」なんて思う人もいると思う。
というわけで、どうせなら、手に取ってくれる人の好みにより近いものを出せないか、と…

プチフィギュアの制作は、だいたい素体に6時間、顔描きに1時間半、髪貼りに6時間かかる。
今のところ、一日8時間ぶっ通しでの作業は出来ないけど、
それでも、一ヶ月あれば一、二体は仕上げられる。

リクエストが入れば、小開はお休みでプチフィギュアを、
入らなければ、そのまま小開続行という形になるかな。

というわけで、「こんな子が欲しい」というのがありましたら、こちらからどうぞ。
リクエスト受付中

顔描き終了

顔描き。
使うのはアクリル絵の具とつや消しニス。
アクリルは厚塗りするとひび割れることがあるから、少量のニスを混ぜて使う。
自分が使っているニスは、塗る前は水性、乾くと耐水性になるタイプ。

まず白目。
01_20121203180051.jpg

黒目。
02_20121203180058.jpg

黒目の後は、茶色で黒目のふち・目の輪郭・眉・口を描き込む。
03_20121203180103.jpg
絵の具での作業が終ったら、パステルで鼻や下唇の下に影をつける。
今回は薄紫でアイシャドウも入れたり。

髪貼りのみのを準備しようとしたら髪束がうねってたので、ただいまクセ落し中。
04_20121203180111.jpg
髪はトヨカロンを使う。
お店から届く髪はけっこううねってるから、そのまま使うと見た目が悪くなる。
使う前は必ずお湯でクセ落し。
お湯が熱すぎると変色してしまうし、ぬるければクセが落ちない。
温度管理はちょっと面倒。
70℃から75℃の間くらいがベストかな。

クセ落しの合間に耳を作る。
05.jpg

耳の取り付け。
06.jpg
小開にしては穏やかな顔になっちゃったな。
ま、いいか。

自分用

自分用で一体作ろうかと…
布袋戯キャラの金小開。
ここしばらくオークションへの出品用にオリジナルばかりやっていたから、久々の二次。

今、制作時間が取れないから、軽く数ヶ月かかりそうな気も…
ちなみに一日八時間作業すると、長くても二週間くらいで仕上げられる。
が、一日の作業時間が一時間未満の現状では、さてどれくらいかかるか…

小開制作中は、こんこん堂はお休み。
今オークションに出品中の四体に入札が入れば、一旦追加で一体作るかもしれないけど、
とりあえずはお休み。

布袋戯ネタということで、本来なら元のブログで展開するべきなんだけど、
事のついでに、一体で仕上がるまでを紹介(?)するのもありかな、なんて思ったり。
こっちでやります。


素体は作り貯めしたものを使用。
まずは資料を用意。
01_20121203141008.jpg
旧いキャラだから資料が足りない…
靴が写ってるものが一つもない。
漫画だと長靴だけど…

顔描きの下準備。
02_20121203141015.jpg
いつもは茶色の色鉛筆なんだけど、今回は鉛筆で。

ハーフサイズでは口を描くのが一番大変。
小さいから、わずかのゆがみでも目立ってしまう。
おまけに土台の縫い目が下にあるから、ちょっと凸凹していたり。
一か八かで、多少のことには目を瞑るのが常。

今日中に顔描きをしたいけど、寒い…
寒さって、とことんやる気を奪っていく気がする。
プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク