あまつきつね  篠掛け・袴 柄描き終了


あまつっ子の柄描きの続き。
赤みの藤色で、模様の下側からグラデーションにする。
DSCF9868.jpg

模様を金でふちどる。
DSCF9871.jpg

柄描き終了。
丸二日かかったかな。
DSCF9872.jpg

完成状態を想定して並べてみる。
でも、篠掛と袴が重なる部分もあるから、ここまできれいに柄は出ないだろうな。
DSCF9873.jpg

実際にはこうなるかと…^^
しかもひだも入るし、さらに見えにくくなっちゃうかも。
柄の位置、もうちょと検討するべきだったかなぁ…^^
DSCF9874.jpg
スポンサーサイト

あまつきつね  篠掛と袴の柄描き

今日の作業は実に地味^^

篠掛と袴に柄の下描きをし、
アクリル絵の具で色を付けていく。
DSCF9862.jpg

ベースの色塗り終わり。
DSCF9863.jpg

上から下へと青っぽい藤色でグラデーションにする。
DSCF9864.jpg

このあとは、赤身の藤色で下から上へとグラデーションかけて、
輪郭を金で縁取る。

服生地をグレーにしてしまったので、
柄の色で、全体の印象を元々予定していた藤色に少し戻す。
つもりなんだけど、どうなるかなぁ^^

あまつきつね  浄衣終了 篠掛・袴に着手


あまつっ子の浄衣。
袖をつけて…
DSCF9839.jpg

脇を縫って完成。
着せた時の見栄え重視で、和裁のルールはもろもろ無視。
DSCF9840.jpg

着せるとこう。
DSCF9841.jpg

続けて篠掛と袴に着手。
ものすごく見にくいけど、一応型紙写し中。
DSCF9843.jpg

生地を切り出して本体に当ててみる。
狙い通りの雰囲気^^
DSCF9845.jpg

篠掛は柄描きの予定。
そこまで長期戦にはならないと思うけど、どうかなぁ。

あまつきつね  髪の毛終了と上着に着手


髪貼り、第二段階に突入。
耳と髪の隙間や、生地と生地の境目をきれいに処理していく。
DSCF9707.jpg

耳周り終了。
DSCF9708.jpg

サイドも切りっぱなしの生地が見えなくなるよう調整する。
左が処理後、右が処理前。
DSCF9709_201706071647348dd.jpg

これで髪貼り完全終了。
DSF9710.jpg

続けて服に使う生地を決める。
予定では藤色メインのはずだったけど、最終的にグレーになった。
DSF9711.jpg

服は浄衣から作る。
型紙は先日のカラスっ子の使いまわし。
型紙を写して生地を切り出す。
DSCF9712.jpg

縫いしろをまつって処理。
DSCF9713.jpg

襟つけまで終了。
DSCF9714.jpg

明日は袖をつけて…
袴と篠掛に着手できるかな。

あまつきつね  耳と髪貼り

あまつっ子は耳づくりの続きから。
耳の外側になる生地と内側になる生地とを貼り合わせる。
DSCF9695.jpg

耳の取り付け位置を決める。
DSCF9696.jpg

髪貼りの目安線を引く。
ついでに、各パーツの形をここで決める。
DSCF9697.jpg

型紙を作り、フェイクファーを切り出す。
DSCF9699.jpg

髪貼り前に、耳の内側に細かく切ったフェイクファーを貼っておく。
これをしておかないと、耳の中で地肌が丸見えになるので。
DSCF9700_20170606123843285.jpg

髪は、うしろ髪から貼る。
DSCF9701_20170606124008894.jpg

ドールヘアの場合は、全部髪貼りが終わってから耳をつけるけれど、今回は先につける。
後回しにすると、ファーが邪魔で接着しづらそうなので。
DSCF9702_20170606124235503.jpg

続けてサイドを貼って、
DSCF9703_20170606124845b0f.jpg

前髪も貼る。
DSCF9704.jpg

このあとは、生地同士の境目等、見た目がいまいちの個所を調整していく。
プロフィール

こんこん堂

Author:こんこん堂
~今後の制作予定~

1 プチ 飯縄さま 

2 プチ 鹿島さま

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
リンク